« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005/02/28

さよならジュピター

製作 本木荘二郎
監督 黒澤明
脚本 黒澤明 橋本忍 小国英雄
撮影 中井朝一
音楽 早坂文雄
原作 小松左京
出演 志村喬 小田切みき 金子信雄 日守新一 田中春男 千秋実他 

【STORY】

主人公のジュピター(志村喬)は、30億年以上無欠勤の模範的な太陽系第5番惑星で、毎日16個の衛星をたらい回しにして漫然と日々を過ごしていた。
ところがある日、体の異常を感じたジュピターが科学者に大赤斑を見てもらったところ、自分の体内に異星人の宇宙船があることを告げられる。
裏切られた気持ちで失意と孤独の中にいるジュピターの近くにやって来た若い衛星のイオ(小田切みき)は、彼に人類の作った木星太陽化計画の企画書を見せ、「ジュピターさんもこんな風に情熱的に燃え上がってみたら」と明るく言いながら公転周期1769日でぐるぐる回ってみせる。
翌日膨大な未決書類の山から、「太陽系に近づいてくるブラックホールが太陽にぶつからないよう何とかしてほしい」という陳情書を探し出したジュピターは、今までの事なかれ主義を捨て太陽系未曾有の危機を救うため人類と一体となり、自らが率先してブラックホールへとぶつかって行く。
完成したプランのただ中で「♪命短し バイバイ・ジュピター」の歌を歌いながらひっそりと息絶えるジュピター。
無為にすごしてきた長い長い生涯の最後に、輝くような生の手ごたえとともに燃え尽きた主人公の姿を宇宙的規模で感動的に描き出す黒澤明監督のSF巨編。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/26

十ニ時の怒れる男

57/米

監督 シドニー・ルメット
脚本 レジナルド・ローズ
撮影 ボリス・カウフマン
出演 ヘンリー・フォンダ リー・J・コップ エド・ベグリー E・G・マーシャル他

【STORY】

殺人容疑で逮捕された少年は果たして本当に有罪なのか、それとも無罪なのか。陪審員の多くが有罪を確信している中で、8番の男だけが自らの信念に従い無罪を主張する。そして12人の陪審員によるヒューマニズムあふれる熱い論議が始まった。

「だって被害者の殺された12時ちょうど以外は容疑者の少年は自宅でずっと大勢の人に目撃され続けているんじゃよ?いくら何でも12時に自宅を出て12時に殺人を犯して12時に家に戻ってくることは可能なんじゃろか」
「もちろんさ。そんな事もあろうかと少年はタイムストッパーを発明していたんだ」
「・・・・・・オーバーテクノロジー?・・・少年には見かけによらず高度な科学力があったんじゃなー。しかしそれでも10キロ離れた自宅と殺人現場を往復するのはちと困難ではありませんかな。タイムストッパーの有効時間は30秒しかないんじゃよ?」
「それが困難とは限らないんだ。少年がとてつもない俊足だったとしたらどうだい?」
「・・・いくら俊足とはいえ30秒で20キロを走破できるじゃろか」
「もちろんさ。少年が加速装置つきのゼロゼロナンバーサイボーグだったとしたら」
「ふむう・・・つじつまは合った」
『有罪確定』


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/24

ガメラ2 レギオン襲来

1996年7月13日封切

脚本    伊藤和典
監督    金子修介
撮影    戸澤潤一
音楽    大谷幸
特技監督 樋口真嗣
出演    永島敏行 水野美紀 石橋保 藤谷文子 川津祐介 長谷川初範他

【STORY】

「和尚さん、新しく出現したあの怪獣に何かいい名前をつけて欲しいんですが」
「ギャオーとなくからギャオスとかそういうのでよろしいか?」
「いや、そういう安直なのは最近は流行らねえ。もっと意味深で長く語り継がれそうなおめでたい名前をお願いします」
「そうじゃな。聖書の文句から、数限り無しと書いてレギオンというのはどうじゃ。つまりとってもとってもとても全部はとりつくせない、全部が死ぬときはなかなか来ないというので、とてもおめでたい」
「へえー、レギオンですか。でもそれだけじゃ少し短すぎやしませんか?けちけちせずにもっと長い名前をつけてください」
「それじゃあ、一匹に一つずつ番号をつけて、レギオン1、レギオン2、レギオン3、レギオン4、レギオン5、レギオン6、(中略)、レギオン3284、レギオン3285、レギオン3286・・・・・・と全部まとめて一つの名前にしてしまえばいいだろう」
「こいつはいいや。なるほど、レギオン1、レギオン2、レギオン3、レギオン4、レギオン5、レギオン6、(中略)、レギオン3284、レギオン3285、レギオン3286・・・・・・か。いかにも長く語り継がれそうなおめでたい名前だ。これからはこれを正式名称にしましょう」
「えーん、宇宙からやって来たレギオン1、レギオン2、レギオン3、レギオン4、レギオン5、レギオン6、(中略)、レギオン3284、レギオン3285、レギオン3286・・・・・・さんとこの巨大レギオンが、草体を退治しようとしたあたいの頭をマイクロ波シェルでうってこんな大きな瘤をこしらえたよゥ」
「あらまあ、レギオン1、レギオン2、レギオン3、レギオン4、レギオン5、レギオン6、(中略)、レギオン3284、レギオン3285、レギオン3286・・・・・・さんとこの巨大レギオンがマイクロ波シェルでガメラちゃんの頭に大きな瘤をこしらえたんだって?ちょっと見せてごらん・・・なんだい。瘤なんかどこにもないじゃないか」
「あんまり大勢であるがゆえに、瘤が引っこんじゃった」


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/22

【制服映画】

製作 角川春樹/多賀英典
監督 相米慎二
脚本 田中陽造
原作 赤川次郎 永井豪
出演 薬師丸ひろ子
    渡瀬恒彦
    風祭ゆき
    大門正明
    三国連太郎
    柄本明

「泉、お、お前は神にも悪魔にもなれる・・・そう、神にも悪魔にも!」
「・・・・・・」
「神となり目高組を救うことも!悪魔となりヤクザをほろぼすことも!おまえの自由じゃ、おまえがえらべる・・・おまえの好きかってに世界を手玉にとるがよい!」
「世界を滅ぼす力・・・」
「この超合金Z製のセーラー服が!おまえに望みどおりの力をかしてくれるのじゃ!わっはっはっはっ!星泉!世界はおまえのものじゃぞ!・・・グッ!」
「お父さあん!」
「セーラー服にきけ・・・セーラー服さえ着れば神にも悪魔にもなれる・・・一着で世界の軍事大国と五分以上にわたりあえる、そんなおそろしい力がメカフェチで制服フェチの変態親父の作ったこの女子高生用通学服に!」

『セーラー服と機械獣』


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/20

ラヴ・アクチュアリー

1411人の男女がつきあう餅模様を、キナコフルな映像でおくる、英国発のスウィート餅ストーリー。

秘書に一目惚れしてしまった首相は、彼女の気を引こうと、毎朝、餅を喉に詰まらせるのだが、気道確保に忙しく、なかなか仕事が進まない。
義理の息子の片思いを叶えてやろうと、その父親は、臼と杵だけを持って指輪を探す旅に出る。
言葉の通じないポルトガル娘に恋したミステリー作家は、紅白オセロ餅で、彼女の心に語りかける。
親友の新妻を愛してしまった画家は、美しい彼女の姿を絵に託し(画餅画餅)、そのもち肌に我身を焦がす(ヤキモチ、ヤキモチ)。

――年令も境遇もきなこもキムコも違う男と女が綴る、愛のエピソード。
なかでも、侍と共に山里で過ごすうちに、武士道精神に目覚めた恋人たち約1400名が、大平原で見せる騎馬アクションは見逃せない。

休日に愛する人と一緒に見たい映画。

---------------------------------------------
イギリス 2003年制作
監督・脚本:リチャード・カーティス
出演:ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン他


(梅千代)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/19

サウンド・オブ・ミュージック

マリア    「さあ、みんな、今日も元気に楽しくドレミの歌を歌いましょう!」
子供たち  「はーい」
合唱隊    「♪ドはドーナツのド」
合唱隊    「♪レはレモンのレ」
合唱隊    「♪ミは三つ出たホイのヨサホイのホイ 三位一体とやるときにゃ 父の方からせにゃならぬ ホイ」
合唱隊    「♪ファは四つ出たホイのヨサホイのホイ 修道院の尼僧とやるときにゃ 家庭教師にせにゃならぬ ホイ」
合唱隊    「♪ソは七つ出たホイのヨサホイのホイ ナチの親衛隊とやるときにゃ SSサイズでせにゃならぬ ホイ」
トラップ大佐「はっ!子供たちがみちがえるように明るく・・・これは一体!?」

ザルツブルグ修道院の見習尼僧マリアは、退役海軍大佐フォン・トラップ家の家庭教師となり、音楽をとおして、母親のいない七人の子供たちの心を次第に開いてゆく。

--------------------------------------------------------------------------------
製作・監督:ロバート・ワイズ
脚本   :アーネスト・レーマン
撮影   :テッド・マッコード
出演   :ジュリー・アンドリュース、クリストファー・プラマー、エリノア・パーカー他


(古賀) 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/18

マーズ・アタック

おばんでがす。

おら、火星人だけっともやぁ・・・。
あんだら・・・、もすかすっつど、地球人でねのがや?

んだべ!んだべ!えがったぁ~~。やっど、地球だべっちゃぁ。
地球人のおなごはめんごいなぁ。

おらな、ずっど食い物くわねで、しゃますてんのっす。
とっちゃ、はっぱ、おらばりに操縦やらせで。おがったぁ。

もしわけねっすが、おらさに、おめらのうち、一人喰わせてくれねべか。
ひとり喰ったら、けえるから。なじょだべ。いいべやぁ~~。
誰もいねんでがすけ。しゃねなぁ。おらで決めるど。

んん~~~。

まんず、あんだ喰う。

宇宙人が地球に、東北に、具体的には宮城県にやってきた!
この夏一番の話題作!!っていうか、ダジャレかよ!!

--------------------------------------------------------------------------------
製作:ティム・バートン 、ラリー ウランコ
監督:ティム・バートン
脚本:ジョナサン・ジェイムス
出演者:ジャック・ニコルソン 、グレン・クローズ他
※字幕・吹き替えありません


(梅千代)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/17

ダーティジョージ

監督 ドン・シーゲル
脚本 ハリー・ジュリアン他
撮影 ブルース・サーティース
出演 ジョージ・ブッシュ オサマ・ビン・ラディン サダム・フセイン他
    小泉純一郎(友情出演)

ブッシュJr.をロナルド・レーガンをしのぐスーパースターに押しあげた彼の出世作。ワシントン世界の警察課のはみ出し大統領ジョージと冷酷非情なテロリストの丁々発止の対決を描いたオーバーアクション映画で、目的達成のためにはどんな手段も厭わない汚れたヒーロー像が強烈。このあともシリーズ化される予定。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/16

【怪獣命名映画】

1974年3月21日封切

脚本 福田純 山浦弘靖
監督 福田純
出演 大門正明 田島令子 平田昭彦 岸田森他

「ご隠居、ゴジラはなんでゴジラっていうんですか?」
「そんなことも知らないのか。だからお前は愚者だ。ゴジラは海から上陸して東京の中心部に・・・つまりこちらの方へ向かってくるだろう。だからゴジラというのだ」
「へー、そうなんですか。よくわかりました。でもいくらゴジラでもこちらの方にやって来るばかりじゃないでしょう。海の方へ帰っていくときもある。そんな時はなんと呼べばいいんでしょう?」
「そんな時は・・・あれだ。ゴジラはああ見えても用心深い。我々に背中を見せながら帰っていくときでも注意を怠らない。突然攻撃を受けても対処できるように体はむこうを向いていても目はこちらの方を見ている。目はこちらを見ている。目がこちら(メカゴジラ)だ」

『ゴジラ対メカゴジラ』


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/15

パブロフの動く城

魔法と科学が混在するどこかの世界。亡き父を継いで動物実験屋を切りもりしている18歳少女のソフィーは、悪名高きロシアの生理学者パブロフに出会う。
 ある晩ソフィーは、パプロフを目の敵にするフランスの生物学者に呪いをかけられ、実験に持ってこいの犬にされてしまう。家を出たソフィーが、荒地を歩くうちに迷い込んだのは、サンクトペテルブルグ大学・実験医学研究所生理学実験室。そこは、人々が恐れる゛パプロフの動く城゛だったのだ。

 宮崎駿監督とスタジオ・ジブリの3年振りの新作は、行動主義に大きく影響を与えた、ファンタジー・古典的条件付けアドベンチャー。無条件反射と条件反射の葛藤がコミカルなキャラクターを交えて描かれており、久石譲のメトロノームとともに、餌なしで城から溢れ出る唾液の躍動感は、宮崎アニメの真骨頂と言えよう。

監督・脚本:宮崎駿

原作:『条件反射』
音楽:久石譲

声の出演 : 倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏


(梅千代)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/13

日本沈没

製作 田中友幸/田中収
監督 森谷司郎
原作 小松左京
脚本 橋本忍
出演 藤岡弘
    いしだあゆみ
    小林桂樹
    滝田裕介
    二谷英明
    丹波哲郎

「あの海で一緒に競争しようよ、たぬきどん」
「わかった、うさぎどん。今度は負けないよ」
「泥でできた豪華な日本列島と木でできた粗末なユーラシア大陸のどっちがいい?」
「それはもちろん豪華な方さ、うさぎどん」
「さあ、出発だ」
「泥の日本列島は立派で長持ちだぞ、ほーい」
「木のユーラシア大陸は丈夫で長持ちだぞ、ほーい」
「うさぎどん、さっきからぐらぐらするのは何じゃいな?」
「それはこのへんがぐらぐら海だからさ、たぬきどん」
「うさぎどん、さっきからぶくぶくいうのは何じゃいな?」
「それはこのへんがぶくぶく海だからさ、たぬきどん」
「うさぎどん、さっきから沈んでいくのは何じゃいな?」
「それは地底マントル対流層に起こった急激な変化のため、マントル=地殻構造の力学的バランスが一挙に崩れ、その地球史上前例がないほどの大規模な地殻変動現象が日本列島全体に破滅的影響を与えているからさ、たぬきどん」
「ごぼっごぼっごぼっごぼっごぼっごぼっ」

-------------------------------
「田所博士、何度シミュレーションしてもたぬきどんの方が先に沈みます!」
「やはり間違いない。これから1年以内に日本列島の大部分は確実に沈没する!」


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/12

サタデーナイト・フィーバー

ママ、げんきですか。
にもつ、とどきました。ありがとう。
いつも、おモチ。ありがとう。
おいしいです。まいあさ、たべてます。

ぼくはげんきなので、ママはしんぱいありません。
せんせいも、よくなったねと、ほめてくれます。
ぼくのせいなるちからが、つよくなったおかげで、
ドイツのスパイがぼくをつけねらうことはなくなりました。
でも、となりのパンやでうっている
のろいとバターたっぷりのクロワッサンがおいしくて、
たべすぎて、きもちわるくなりました。のろいだ。

しごとも、なれました。いままで32かい、なぐられました。
でも、ぼくは、せいなるぎしきを、おぼえたので、
ぼくは、あいつらとは、ちがうせかいの、そんざいです。
ママはしんぱいありません。

まいしゅう、どようびになると、
ぴかぴかした、まるいうちゅうせんが、
ぼくのうえにおりてきます。
そして、ぼくにエネルギーをくれます。
みぎてをのばすと、うちゅうせんから、
せいなるひかりが、おりてきて、
ぼくのゆびに、せいなるひかりが、くっつくのです。

かわりにぼくは、うちゅうじんさまに、しろいおモチをあげます。
とてもよろこんでくれます。あまいおモチをたくさんたべました。
こんどは、うちゅうじんさまのおモチもおくってください。

チャッピーはげんきですか?
はやくおうちにかえりたいです。
ママ、だいすき。

―――ジョン・トラボルタの純粋な演技が感動を呼ぶ青春グラフティ

--------------------------------------------------------------------------------
監督:ジョン・バダム
撮影:ラルフ・D・ボード
製作:ロバート・スティグウッド
脚本:ノーマン・ウェクスラー
出演:ジョン・トラボルタほか


(梅千代)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/11

こんな餅を見た。

こがね餅を焼いたら、ふくらんだ餅の中から宝くじが出てきた。
「あたり」と書いてある。
銀行へ持って行くと、行員は私に向かって、
「ばかめ」と言って、ティッシュを差し出した。


こんな餅を見た。

家中の箪笥の角というかどに、つきたての餅が付いている。
足をぶつけても痛くない。


こんな餅を見た。

豆餅の豆の一つ一つが、目になって、こっちを見つめている。
なんだか照れる。こっそり作った詩を読み聞かせたら、
みんな寝てしまった。


こんな餅を見た。

妻がかしわ餅を二つ持ってきて、どちらか食べろと言う。
柏原郁恵は嫌いだというと、「これは芳恵ですよ」と笑うので、
怒って「郁恵だ」と言い返すと、妻はビキニで歌い出した。


こんな餅をみた。

ディズニーの会社の人間がやってきて、
吉備団子をやるから、映画を作ってくれと頼んでくる。
「ニモの声だったら、やってやろう」と言うと、それでもいいと言う。
そんなわけで、私はいまアメリカにいて、餅を焼いている。

アメリカで焼く餅も悪くない。

―――世界のクロサワがスピルバーグとともに焼く不思議な餅のオムニバス。

-------------------------------
日本/アメリカ  1990年
監督:黒澤明
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:黒澤明
音楽:池辺晋一郎
出演もしくは声の出演:寺尾聰 、倍賞美津子 、原田美枝子 ほか


(梅千代)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/10

マトリックス・リローデッド

マトリックス(仮想世界)を創造した人工知能のマシン軍団が、ついに攻撃を開始する.

鏡餅となったエージェント・スミスは、自分を木槌で割った。
エージェント・スミス餅は 2個になった。

エージェント・スミス餅の攻撃。
エージェント・スミス餅Bはエージェント・スミス餅Aと 自分を木槌で殴った。
エージェント・スミス餅は4個になった。

エージェント・スミス餅はまだまだ分割できそうだ。

エージェント・スミス餅Dは腐った死体の物真似をしている。

エージェント・スミス餅の攻撃。
エージェント・スミス餅Cはエージェント・スミス餅ABDと自分を木槌で殴った。
エージェント・スミス餅は8つになった。

エージェント・スミス餅Bは木槌でかっけの検査をした。
なにも おこらない。

エージェント・スミス餅の攻撃。
エージェント・スミス餅Dはエージェント・スミス餅ABCEFGH
と自分を木槌で殴った。

エージェント・スミス餅は16個になった。
お汁粉に入れるには、まだ大きすぎるようだ。

エージェント・スミス餅Gは、鋼の木槌を取り出した。
エージェント・スミス餅は自分の矛盾に気づいていない。

エージェント・スミス餅の攻撃。
エージェント・スミス餅Fは木槌でエージェント・スミスABCDEGHIJKLMNOP
と自分を殴った。

果たしてネオはザイオンを救うことができるのか?
近未来VFXアクション超大作、期待の続編。

-------------------------------------
アメリカ 2003年制作 

監督・脚本 : ラリー&アンディ・ウォシャウスキー
出演 : キアヌ・リーブス
ローレンス・フィッシュバーン
キャリー=アン・モス


(梅千代)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/09

ビッグ・ウェンズデー

1960年代―カリフォルニアの海辺には、若者たちが集い、砂糖も醤油もなしに、餅の大食いに青春をかけていた。彼らの夢は、水曜日にやって来るという世界最大の餅ビッグ・ウェンズデーとの対決。

ボイント岬で最高のモチャーといわれるマットは、待ってもなかなかやってこないビッグ・ウェンズデーに苛立つ毎日。しかし、ついに、ヤツはやってきた。

マットとビッグ・ウェンズデー餅との因縁の対決。マットが餅をひも状にしてスルスルと食道に通したかと思えば、ビッグ・ウェンズデーはその間にサトウ食品の工場を全て買収し、その身を巨大化させる。カリフォルニア中の餡という餡が、海苔という海苔が、みたらしというみたらしが、スーパーから消えた。食うか食われるか。

壮絶なこの戦いは2年と半年続き、カリフォルニアは新潟となり、ロングビーチは魚沼となり、そして、マットは・・・。

「ここには昔、マットというすごい男がいたんだよ」
「どんな人だったの、パパ」
「そうだなあ、餅にリーゼントをつけたような」

この夏、見逃せない青春映画。

-----------------------------------------
監督: ジョン・ミリアス
製作: バズ・フェイトシャンズ
製作総指揮: アレックス・ローズ、タマラ・アセイエフ
出演: ジャン=マイケル・ヴィンセント、ウィリアム・カット


(梅千代)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/08

モリー先生との火曜日

華やかなマスコミの世界で忙しい毎日を送るスポーツ記者のミッチ。しかし、そんな彼を悩ませるものがあった。――それは「霊界テレビ」。楽天市場で何気なく購入したテレビであったが、そこに映されるのは、鏡餅を重ねようとする恩師・モリー先生の姿であった。

「一つ積んでは父のため。二つ積んでは母のため。3つ積むと今なら送料・金利手数料が無料に・・・ぐわぁぁっ」

フリーダイヤルを言う前に、ペレが現れ、モリー先生の鏡餅を足蹴に!サッカーの神様、ペレが!本名、Edson Arantes do Nascimente エドサン・アランティス・ド・ナシメントのペレが!!

怒りに駆られたミッチは何もかも捨て、モリー先生の魂を救うこと誓う。月曜日は『大悟の法』通読、水曜日は花火を100万発打ち上げ、木曜日は新宿大道場で施受光、金曜日はエコエコアザラク、土日は子供と共に冊子を携え各地区を巡回、有給はすでに全て消化。――モリー先生を救うのは火曜日しかない!

モリー教授の魂をかけた、火曜日の戦いが今、始まる

---------------------------------------
アメリカ 1999年制作 
監督: ミック・ジャクソン
原作: ミッチ・オルボム  「モリー先生との火曜日」 
製作総指揮: ケイト・フォート
脚本: トム・リックマン
出演: ジャック・レモン、ハンク・アザリア他


(梅千代)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/07

月曜日に乾杯

フランスの小さな村で、家族と共に単調な日々を過ごす臼。工場へ通っては、猿をつぶす毎日。仕事には、何の変化もない。家へ帰っても、誰も、臼の相手などしない。裏庭で、寂しく杵を見つめる臼。「退屈な毎日なんて、ウンザリだ!」家族も仕事も杵も捨てて、臼はある日、突然、旅に出る。列車に乗り、臼の町ヴェニスへ!

ヤマザキ春のパン祭りが華やかに行われているヴェニスでは、臼い丸皿、臼いサラダボウル、臼いモーニング皿、臼いフレンチディッシュ、歴代の臼たちが、町を埋め尽くしていた。しかし、そのヴェニスの臼たちにも、自分と同じような、平凡で穏やかな日々の生活があることに気づく臼。

自らも臼配達人として出演しているイオセリアーニ監督が描くのは、どこか憎めない愛すべき臼たちとその生活。この映画を見ることで、自分の臼も、新鮮な美しい風景として見えてくるのではないだろうか。

----------------------------------------------
フランス=スペイン 2001年
監督・脚本 : オタール・イオセリアーニ
出演 : ジャック・ビドゥ、アンヌ・クラフツ=タラナフスキー他


(梅千代)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/06

ブラディ・サンデー

1972年1月30日、日曜日。

北アイルランドの公民権集会会場の棟上式でのことだった。「発火装置つき餅」を「個別パック入り爆弾」と誤認したイギリス兵士が、茹でたての白玉を市民に投下。これにより、少年を含む市民13名が命を落とした。この事件は、IRAによる「棟上げテロ」の疑いが強いとして、軍の白玉行為が罪に問われることはなかった。

それから26年後――ブレア首相によって再び調査が行なわれた。「つい、(小林)カツ代となって」「一旦、鍋の底に沈んでから、上がってきた白玉をお玉で取り上げ、それを人に投げると火傷するとは知らなかった」「反省している」・・・次々と明かされる証言。そして、上層軍部自ら、白玉粉をこねていたという事実までもが発覚したのだった。

ロック・バンド、U2の怒りの名曲「オー・ブラディ・オブラダ」でも知られる、「餅の日曜日事件」の全貌に迫ったドキュメンタリー。

--------------------------------------
イギリス/アイルランド 2002年制作

監督:ポール・グリーングラス
製作総指揮:ピッパ・クロス 他
原作:ドン・マラン
脚本:ポール・グリーングラス
音楽:ドミニク・マルドウニー


(梅千代)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/05

【快傑映画】

98/米

監督 マーチン・キャンベル
脚本 ジョン・エスコウ他
撮影 フィル・メヒュー
出演 アントニオ・バンデラス
    アンソニー・ホプキンス
    キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
    スチュアート・ウィルソン

四谷左門町のお岩稲荷の近所で覆面を売っている老夫婦、最近さっぱり覆面が売れないので、どうぞ私たちが安楽に暮らせますようにとお岩稲荷にお願いに行った。すると不思議なことに、次の日から客が大勢押し寄せ覆面を買っていくようになった。しかももう覆面は品切れだと思って天井を見ても、いつまでもなくならない。天井からぶら下がっている覆面を引き抜くと、どこからともなく新しい覆面がぞろぞろっと出てくる。夫婦はこれもお岩稲荷への信心のおかげと喜んでいた。

一方、この店で黒マスクを買っていき正義の味方として活躍していた若者、ついに悪漢の手下に捕まって覆面を剥がされ正体がばれて絶体絶命・・・と思いきや、剥いだ下から新しいマスクがぞろぞろ。

『マスク・オブ・ゾロゾロ』


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/03

七人の侍

監督 黒澤明/橋本忍/小国英雄
撮影 中井朝一
音楽 早坂文雄
製作 本木荘二郎
原作 宮沢賢治
出演 三船敏郎
    志村喬
    藤原釜足
    加東大介
    木村功
    千秋実
    宮口精二
    稲葉義男
    土屋嘉男
    高堂国典
    
【STORY】

ぼくらの方の、七人の侍のはなしです。

「大立ち回り、大立ち回り」
一生けん命、こう叫びながら、ちょうど六人の侍が、両手をつないで円くなり、ぐるぐるぐるぐる、座敷のなかをまわりながら米の飯を食べておりました。どの侍もみな、野盗を退治するために、この村に呼ばれてきたのです。
 ぐるぐるぐるぐる
そしたらいつか、七人になりました。
ひとりも知らない顔がなく、ひとりもおんなじ顔がなく、それでもやっぱり、どう数えても七人だけ居りました。その増えた一人がニセ侍なのだぞと、長老が出てきて云いました。
けれどもたれが増えたのか、とにかくみんな、自分だけは生き残って「最後に勝ったのは百姓たちだ」という名セリフを吐くのだぞと、一生けん命刀を握って、きちんと坐って居りました。

こんなのが七人の侍です。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/01

13の餅

あの恐怖がついによみがえる!
噂の新作が2/8(土)から上映です。

監督: スティーヴ・ベック
脚本: ニール・マーシャル・スティーヴンス 
出演:トニー・シャローブ、マシュー・リラード他

 謎の大富豪カタネリ(マシュー・リラード)は、ある邪悪な野望を実現させるため、世界中にはびこる餅をコレクションしていた。だが、彼は殺人犯の生まれ変わりである悪餅゛葛餅゛の調教中に、おびただしい葛と黒蜜の下敷きとなって、命を落としてしまう。

 数ヵ月後、叔父であるカタネリの死を弁護士から告げられたアーサー・ネンチャック(トニー・シャローブ)は、自分がカタネリの大豪邸の相続人であることを知る。折しも,アーサーは愛する妻ネバリーを交通事故で失い、失意のどん底にあった。彼はその苦難の時をティーンエージャーの娘と幼い息子の3人で力を合わせて乗り越えようとしていた。

 一家は突然の幸運に大喜びし、弁護士の案内でその日さっそく屋敷を見に行くことになった。しかし、その巨大な屋敷には、餅と特殊な強化柏餅で建築され、壁やガラスのいたるところに、粒餡ときなこが張り付いていたのである!

 3人は、分厚い伸し餅で作られたの扉に、複雑な形態の鍵団子を差込み、おそるおそる中に足を踏み入れた。その内部には至るところに、恐るべき仕掛けがしてあったのだ。水槽いっぱい泳ぐぼた餅。クッションの振りをする桜餅。シャワーから降り注ぐ汁粉。羊羹で作られたベッド。古びた壁から、こそげ落ちてくる落雁。「これ、餅と違うじゃん?」と思い始めたその時、彼らはそこに人間ではない、何か恐ろしい餅たちが、息を潜めていたことを知ることになる。

屋敷にはカタネリが集めた゛笹谷の羽二重餅゛や゛安倍川餅゛、゛赤福゛といった12の悪餅が、風通しのよい暗所に閉じ込められていた。突然、屋敷の出入口は熱々つきたての餅で密閉され、悪餅たちがアーサーたちを餅の世界に引き込もうと粘り着いて来る!それこそ、カタネリが彼らに仕掛けた罠だった。

 カタネリは「きょうの料理12月号」に書かれている゛お正月を彩るお餅13種゛の儀式を執り行う場として、その屋敷を建てたのである。13種の餅が揃ったとき、地獄の餅《サトウの鏡餅》が開き、その中に詰められた袋入り切り餅を独占したものは世界を征服できる」――それこそがカタネリの目的だった。彼はアーサーたちを生贄とし、その中から儀式の鍵となる第13の餅をつくために彼らをそこに誘い込んだのだった。

 容赦なく襲いかかる腰の強い悪餅たち、逃げ惑う生者たち。やがて、新たなる侵入者、降餅術を身につけたミリネツブ・アンナ(エンベス・デイヴィッツ)も交え、屋敷は餅と生者との凄惨な餅つき器「もちっこ」(東芝)と化し、悲鳴が響く恐怖と粘着のサバイバルが始まった。カタネリは誰を第13の餅にしようと企んでいるのか?さあ、地獄の餅をつく杵は振り下ろされた!


(梅千代)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »