« ハウルの動く白餅 | トップページ | 三大怪獣 地球最大の決戦 »

2005/01/27

ノルウェイの森 悪魔の契約

悪魔の契約は放たれた!
噂の新作が2/8(土)から上映です。

監督: リチャード・シーザー
脚本: ジョン・ライス、ルディ・ゲインズ
出演: ローラ・ハリス、リチャード・リンターン他

1969年前、神は救世主イエス・キリストをこの世に送った。しかしその時、神と悪魔との間に恐怖に満ちたある契約が交わされていた。

そして1969年の今日、暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出し、世界を支配するという背筋も凍る恐ろしい契約が、ついに果たされようとしていた――。

1969年――若く美しい直子(ローラ・ハリス)と、オックスフォードで戯曲を専攻していたハンサムな青年・僕(リチャード・リンターン)はロンドンの四ッ谷駅で偶然の再会を果たす。それは、故郷のアイルランドでキスギが謎多き自殺して以来であったが、2人はポルターガイストに悩まされながらも、ゆっくりと親交を深めていった。やれやれ。

ところがある日、僕は川辺にある豪華な学生寮゛リバーサイド・ワン゛に暮らす秀才・永沢さん(ジョン・スタンディング)の就職祝いとして、彼のガールフレンドで、有名女子大に通うハツミさん(アリス・クリーグ)ともに、麻布の裏手にある静かで上品なフランス料理店でささやかなパーティーに招待される。しかし、それは呪われた契約の序章に過ぎなかったのだ!やれやれ。

突然、悪魔に取り付かれた僕の同級生・小林緑(キャメロン・ディアス)がパーティーに乱入。緑は狂ったようにハツミに飛びかかり、喉笛に噛みつく!飛び散るワインと,ハツミの鮮血を浴びながら、僕はあの不思議な闇に包まれた直子のことを考えていた。――死は生の対極ではなく、その一部として存在しているのだ。その場はなんとか一命を取り留めたハツミであったが、14年後,ドイツ・ベルリンで謎の自殺を遂げる・・・。ピース。

一方、病気に冒されていった直子は、イギリス・マン島にある静かな療養施設「阿美寮」で、治療を受けていた。しかし,それは病気ではなかった、直子の体は悪魔にむしばまれていたのだ!悪霊に取り付かれ、おぞましい声でうめきもだえる直子。僕は、直子の親友レイコさん(カミラ・パワー)から、除霊で名高い牧師を呼んできてほしいと依頼され、急いでロンドンへと飛ぶ。それは、まるで深く重いぬかるみを歩くような旅程だった。僕と僕の時間だけが、悪魔の契約によって放たれた悪霊たちの中で、ぐずぐずと過ぎていった。僕は自分がロンドン行きの飛行機に乗っているという確信さえなかったのだ。やれやれ。

翌朝、ようやくロンドンの教会に到着した僕が眼にしたのは逆さ十字架に吊られ惨殺されている牧師の姿だった!果たして、僕は直子を救うことが出来るのか・・・。やれやれ。


(梅千代)


« ハウルの動く白餅 | トップページ | 三大怪獣 地球最大の決戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/2709221

この記事へのトラックバック一覧です: ノルウェイの森 悪魔の契約:

« ハウルの動く白餅 | トップページ | 三大怪獣 地球最大の決戦 »