« 落語『うそつき弥次郎』前編 | トップページ | 落語『粗忽館の殺人』前編 »

2006年1月31日 (火)

落語『うそつき弥次郎』後編

「どんどん逃げて、もうよかろうと振り返ってみると、そこはめっぽう高い山で、あとで聞くと、これは火星のオリンポス山という山なんだそうで。いつのまにか海賊たちをまいて火星まで逃げてきていた」
「ちょっと待て」
「何か?」
「さっきの話じゃ、後からは宇宙海賊が追ってきて、前方にはエーテルが宇宙の外に流れ落ちている宇宙の果てがあって、そこで進退きわまったんじゃなかったのか?」
「なにを言ってるんですか。今どき宇宙の果てからエーテルが流れ落ちているなんてそんなこと三歳のコンノケンイチでも信じていませんよ」
「そういう問題じゃない」
「やれやれ助かったと一息ついていると、そこに大目玉の火星の怪物に追いかけられて金髪の娘が逃げてきた。これが美しいのなんのって、縮緬細工の牡丹燈籠を提げ髪は文金の高髷に結い、着物は燃え立つような緋縮緬の長襦袢…」
「いくらなんでも太陽系を宇宙船が飛び回る時代にそのコスチュームはねえだろ」
「よし、あの娘を助けてやろうと覚悟をきめて怪物にとびかかると、怪物もさるもの組みついたこちとらを振り落とそうとさかんに跳ね回る。背中に光線銃を撃ってみたが皮膚が硬くてぶ厚いので内臓までダメージが届かない。そこで股ぐらをさぐってみると大きな火玉があった。これこそクロノ神がわれに授ける火玉とおしいただいて、ぎゅっと握りしめると、さしもの怪物もうーんと唸ってひっくり返って息絶えた」
「火玉って何だ?」
「睾丸のことです。これが金星人の睾丸なら金玉だが火星の怪物だから火玉になる。木星人なら木玉、水星人なら水玉、月人なら月玉、土人なら土玉、日蓮上人なら日玉」
「もういいよ」
「死んだように見えても油断はならない、念のために止めをさそうと、腹をビームサーベルで切り開くと、中から次々とタコのような怪物の子供が飛び出した」
「およしよ、ばかばかしい。おまえさん、怪物の睾丸をつかみ殺したといったろ?」
「へえ」
「美女を追いかけていて睾丸がありゃあ牡だろう」
「そうですね」
「牡の腹から子供が出るかい」
「いえ、そこはスペースオペラですから厳格な科学考証にこだわらず娯楽本位に…」
「だからそういう問題じゃないだろ。せめて『雌雄同体でふたなりだった』ぐらいの理屈はつけろよ」
「ああ、今お前さんがいったとおりだ」
「こん畜生、おれのでまにあわすな」
「そう、そこが畜生のあさましさ……」


(古賀)


« 落語『うそつき弥次郎』前編 | トップページ | 落語『粗忽館の殺人』前編 »

コメント

新ブログおめでとうございます。
っていうか、次々すげーですよ。
古賀さんの落語ネタは、古賀さんのネタの中でもすごいなと思うので(知らないのもあって、それはそれは勉強に)、楽しみにしてます。

投稿: 梅千代 | 2006年1月31日 (火) 17時19分

書き忘れました。

ネタももちろん面白いけど、このスキンを選ぶ古賀さんも面白いです。(いい意味で)

投稿: 梅千代 | 2006年1月31日 (火) 17時20分

梅千代さん どうも

>新ブログおめでとうございます。

ありがとうございます。最初のうちはすでにどこかに書いた作品中心になると思いますが、そのうち新作もやります。

梅千代さんもケーキ研究所がんばってください。

>ネタももちろん面白いけど、このスキンを選ぶ古賀さんも面白いです。(いい意味で)

実は私も今までブログで使ったなかでこのデザインが1番気にいってます。いい意味で(笑)

投稿: 古賀 | 2006年1月31日 (火) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/8403071

この記事へのトラックバック一覧です: 落語『うそつき弥次郎』後編:

« 落語『うそつき弥次郎』前編 | トップページ | 落語『粗忽館の殺人』前編 »