« 笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカの日常 杏子がいい顔をしている盲導犬普及支援ポスターができるまで』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『吉本隆明さん魔法少女を語る』 »

2011年10月16日 (日)

笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカの日常 魔女フェア』

日常の12

近所で魔女が出るということで行ってみることにした。目的は何といっても射撃。最近下着泥棒しか撃ったことないから今日はすっごい楽しみだ。といっても魔力があんまり残っていないけど大丈夫かなあ。
マミ「ケーキとお菓子しかない…あの~これしかないんですか?」
シャルロッテ「これしかってなんだい!!ウチは不二家のお菓子しか置いてないんだからよ!!」
マミ「まあなけなしの魔力を使っちゃたし…やっぱ持って帰んなきゃね」パンッ!
シャルロッテ「嬢ちゃんいきなり強い魔女狙っちゃだめだよ~そりゃなかなか倒れないよ~」
マミ「ちょっ!あれあれ見て見て!口!口の中に芋虫みたいなもう一つの身体が見えてますよ!これって不意打ちなんじゃないですか!!」
シャルロッテ「グー」
マミ「何やられたフリしてたんですか!?ってゆーかこーゆー残酷描写ってダメなんじゃないんですか?首噛み砕かれて私どうすればいいんですか!?」
まどか「…何だこれ」

【関連情報】

『魔法少女まどか☆マギカ』Wikipedia

日常(漫画)』(Wikipedia


(古賀)

« 笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカの日常 杏子がいい顔をしている盲導犬普及支援ポスターができるまで』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『吉本隆明さん魔法少女を語る』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/53007815

この記事へのトラックバック一覧です: 笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカの日常 魔女フェア』:

« 笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカの日常 杏子がいい顔をしている盲導犬普及支援ポスターができるまで』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『吉本隆明さん魔法少女を語る』 »