« 笛育市ダイアリー 『唐沢俊一トンデモ本大賞 全候補作入場です!!』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカの日常 杏子がいい顔をしている盲導犬普及支援ポスターができるまで』 »

2011年9月20日 (火)

笛育市ダイアリー 『唐沢俊一トンデモ本大賞発表!』

遅くなりましたが、8月14日都内某所で開催された唐沢俊一検証イベント『唐沢俊一トンデモ本大賞』の結果を発表いたします。

第1位・『新・UFO入門』 7.5票

第2位・『スコ怖スポット・東京日帰り旅行ガイド』 6.5票

第3位・岡田斗司夫編『国際おたく大学』 3票

第4位・『博覧強記の仕事術』 1.5票

第5位・『復讐医バロン』 1票

第5位・『隣のサイコさん』 1票

第7位・『トンデモ一行知識の世界』 0.5票

第7位・『奇人怪人偏愛記』(楽工社) 0.5票

第7位・『朝日新聞』での一連の書評 0.5票

前評判が異常に高かった(低かったと言うべきか)『スコ怖スポット・東京日帰り旅行ガイド』が、激しいデッドヒートの末に2位。唐沢俊一さんの汚名を不動のものにした名(迷)著『新・UFO入門』が1位で栄えある唐沢俊一トンデモ本大賞に選ばれました。唐沢俊一さん、おめでとうございます。投票期間が延びていたらどう転んでいたかわからない接戦でした。

3位の岡田斗司夫編『国際おたく大学』(の唐沢俊一さん担当部分)は本が絶版になったため目にした人が数少ないにもかかわらず、読んだことがある人間が口を揃えて「これはトンデモない!」と叫ぶ商業誌で出たことが信じられないような怪文書です。多くの人の目に入りさえすればトンデモ本大賞も決して夢ではなかったと思います。

【関連情報】

「唐沢俊一トンデモ本大賞」レポートなど。(唐沢俊一検証blog)

『唐沢俊一』Wikipedia

トンデモ本』(Wikipedia


(古賀)

« 笛育市ダイアリー 『唐沢俊一トンデモ本大賞 全候補作入場です!!』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカの日常 杏子がいい顔をしている盲導犬普及支援ポスターができるまで』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

イベントのメモを読み返して思い出した事があったので、こちらに書かせてもらいますね。

baudrateRAさん推薦の『トンデモ一行知識の世界』についてですが、
baudrateRAさんが「『独自性のあるガセ』が堪能できる」といったような事をおっしゃっていたのですが、
その時古賀さんが「本のネタは『裏モノ会議室』に寄せられた雑学をまとめたもので、ガセかどうか分からないからチェックして欲しいという人もいたが、結局チェックされず本が出た」
と解説をなさって、自分は衝撃を受けました。
独自性の正体はマヌケな集合知だったという事ですよね。
唐沢氏の独自性では無く。
マヌケの連鎖が人気番組の元ネタになったんですねえ。

投稿: NNT | 2011年9月20日 (火) 22時55分

>NNTさん

>独自性の正体はマヌケな集合知だったという事ですよね。

その時の「真偽がわからないネタをそのまま出しても大丈夫ですか?」という会議室参加者の疑問にその時誠実に対応していれば現在のような有様にはならなかったということですね(笑)。

投稿: 古賀 | 2011年9月21日 (水) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/52784638

この記事へのトラックバック一覧です: 笛育市ダイアリー 『唐沢俊一トンデモ本大賞発表!』:

« 笛育市ダイアリー 『唐沢俊一トンデモ本大賞 全候補作入場です!!』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカの日常 杏子がいい顔をしている盲導犬普及支援ポスターができるまで』 »