« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月18日 (月)

笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカの日常 たった今はじめて気づいた魔女に墜ちたのだな』

日常の9

まどか「マミさん!駅でさやかちゃんが死んじゃってるですけど!!」
マミ「(ええーっ!?)か…鹿目さん、良く聞いて。美樹さんは死んでなんかいない!!!」
まどか「(ええーっ!!?)」
マミ「仮眠かもしれない!!!」
まどか「(ええーっ!!?)だってソウルジェム真っ黒になっちゃってるんですけど」
マミ「(ええーっ!!?)このホワイトで白く塗って!」
まどか「(ええーっ!!?)やってみます。」
マミ「(ええーっ!!?)ちょっと待って!!」
まどか「(ええーっ!!?)」

日常の10

マミ「じゃあ、こうしましょう。この魔女をやっつけるまでに願いごとが決まらなかったら、その時はキュゥべえにご馳走とケーキを頼みましょう。そう。最高におっきくて贅沢なお祝いのケーキ!それで、みんなでケーキのてっぺんに桂馬を指すの。」
まどか「なに?なに?なんなの?意味わかんないよ!!なんで桂馬を指すのよ!!?」
マミ「かっこいいかなー、と」

【関連情報】

『魔法少女まどか☆マギカ』Wikipedia

日常(漫画)』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカの日常 24時間美樹美樹美樹自爆せざるを得ません』

日常の8

さやか「あ、まどかおはおー」
まどか「なっ!!どしたのさやかちゃん!?ふらふらじゃん!!」
さやか「朝起きてからそう言われれば昨夜魔女退治してあーうー」
まどか「ちょっと言語がエントロピー増大してるよ!!なんでそんな体調で学校来たの?」
さやか「いやいや…ほら、魔法少女の魔法を学校のみんなに披露しちゃおうかなーと思ってさ」
まどか「なに言ってるの?織莉子とキリカが出たわけでもあるまいし、学校で奇跡とか魔法とかやってる場合じゃないでしょ?」
さやか「せっかく契約したんだから…私の魔法見たらみんな絶対ビックリしますよ~~?オエーッ」
まどか「正直今ビックリしてるよ!!とりあえず席…なっ!!さやかちゃん…すでに…カバンから表現が自粛されたはずのホストの首が見えちゃってるんだけど――…」
さやか「えーっと、それじゃーまずは――ソウルジェムを指輪に変えます」
まどか「真っ黒だよ!!ジェムが!!!もう……すでに!!!指輪より先にグリーフシードに変わるよ!!!!」
さやか「はぶしょっ!」
まどか「今…口から…魔女が!…あんた……一体……どんな…トリックを……くっ…………さやか!……今は…眠りなさい――」

【関連情報】

『魔法少女まどか☆マギカ』Wikipedia

日常(漫画)』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカ ましょう!6』

その14
槍担当の杏子ちゃん。誰にも頼らない自立したかっこいい女性って感じです
まどか「ねぇねぇ何で杏子ちゃんはさやかちゃんと喧嘩したとき人目につかないところに行こうと思ったの?」
杏子「だって人目につくところは…は…はずかしい」
まどか「はずかしい!?」
杏子「魔女と戦うときは結界の中で戦うから問題ないけど、魔法少女同士がコスプレ衣装着て町中でやりあってたら観客の目も自然とあつまるだろ?自分がその立場になるって考えただけで……シュ~ッ」
まどか「杏子ちゃんっ!」
あと見かけによらず繊細です。

その15
銃担当のマミさん。おっとりぽわぽわしているけど頼りになる魔法少女です。
マミ「みなさん、戦闘中ですけどお茶がはいりましたよ~」
まどか「そういえばさっきから疑問に思ってたんだけど…この結界ってやけにお菓子がたくさんあるよね。最近の魔女の結界ってこんな感じなのかな?」
マミ「ああ、それは私の家から持って来たのよ」
まどか「自前!?」
元はかなりのお嬢様っぽいです。

【関連情報】

『魔法少女まどか☆マギカ』Wikipedia

けいおん!』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »