« 笛育市ダイアリー 『編集少女まどか☆マギカ その1』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカ 最後に残ったAA荒らし』 »

2011年6月 5日 (日)

笛育市ダイアリー 『編集少女まどか☆マギカ その2』

クリタ「さあ、鹿目まどか――その魂を代価にして、出版業界に何を願う?」
まどか「全てのガセを、生まれる前に消し去りたい。全ての宇宙、過去と未来の全てのパクリを、この手で」
クリタ「その祈りは――そんな祈りが叶うとすれば、それは盗作批判なんてレベルじゃない!出版業界そのものに対する反逆だ!――君は、本当に神になるつもりかい?」
まどか「今日まで真面目に雑学本を読んできた読者を、真剣に出版にとりくんできた編集者を、私は泣かせたくない。最後まで笑顔でいてほしい。それを邪魔するルールなんて、壊してみせる、変えてみせる。これが私の祈り、私の願い。さあ!叶えてよ、ガセパクリライター!!」

マミ「鹿目さん。それがどんなにおそろしい願いか解っているの?」
まどか「たぶん」
マミ「そうなればきっと、あなたは編集者という個体を保てなくなる。会社をやめるなんて生易しいものじゃない。未来永劫に終わりなく、ガセパクリを滅ぼす概念として、この宇宙に固定されてしまうわ」
まどか「いいんです。そのつもりです。ガセパクリを批判するのが間違いだなんて言われたら、出版にガセパクリはつきものだなんて言われたら、私、そんなのは違うって、何度でもそう言い返せます。きっといつまでも言い張れます」

【関連情報】

『魔法少女まどか☆マギカ』Wikipedia

『唐沢俊一』Wikipedia


(古賀)

« 笛育市ダイアリー 『編集少女まどか☆マギカ その1』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカ 最後に残ったAA荒らし』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/51864759

この記事へのトラックバック一覧です: 笛育市ダイアリー 『編集少女まどか☆マギカ その2』:

« 笛育市ダイアリー 『編集少女まどか☆マギカ その1』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカ 最後に残ったAA荒らし』 »