« 笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカ 課題曲アヴェ・マリア』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『編集少女まどか☆マギカ その2』 »

2011年6月 3日 (金)

笛育市ダイアリー 『編集少女まどか☆マギカ その1』

(あらすじ)
「ぼくと契約して雑学本を出してよ!」
新米編集者鹿目まどかの前にあらわれた帽子をかぶりぐるぐる眼鏡をかけた不思議な生物クリタ。
まどかに執拗にまとわりつき契約させようとするクリタの正体は、実は普通の編集者がガセパクリ本を出しても平気な魔編集者に相転移するときに生じる膨大なエネルギーを自分のものにするため宇宙からやって来たガセパクリライターだった。

クリタ「僕たちはね、有史以前から人間の出版物に干渉してきた。数え切れないほど大勢の編集者がガセパクリライターと契約を交わし、希望を叶え時に会社に利益をもたらし、そして最後は皆堕落に身を委ねていった――居直りからはじまり堕落で終わる。これまで幾多の編集者が繰り返してきたサイクルだ」
まどか「……みんな信じていたのに、裏切られたの?」
クリカ「彼女たちを裏切ったのは僕らじゃない。「自分自身の居直り」だよ。どんな出版物も条理にそぐわないものである限り必ず何らかの歪みをもたらす。やがてそこから災厄が生じるのは当然の摂理だ。それを裏切りだというのなら、そもそも出版なんてする方が間違いなのさ」
まどか「ずっとガセを撒き散らしながらあなたは何も感じなかったの?パクリをされた人がどんなに辛かったか解ってあげようとしなかったの?」
クリカ「それが理解できたならわざわざこんな星にまで来なくて済んだんだけどね」

【関連情報】

『魔法少女まどか☆マギカ』Wikipedia

『唐沢俊一』Wikipedia


(古賀)

« 笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカ 課題曲アヴェ・マリア』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『編集少女まどか☆マギカ その2』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/51846215

この記事へのトラックバック一覧です: 笛育市ダイアリー 『編集少女まどか☆マギカ その1』:

« 笛育市ダイアリー 『魔法少女まどか☆マギカ 課題曲アヴェ・マリア』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『編集少女まどか☆マギカ その2』 »