« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月26日 (日)

笛育市ダイアリー 『12/5~12/25の笛育市更新情報』

12月8日 笛育市ダイアリー 『俺に関する国際指名手配』 http://bit.ly/hKSvrB

12月12日 笛育市ダイアリー 『涼宮ハルヒの『国盗り物語』3』 http://bit.ly/eln6iv

12月20日 笛育市ダイアリー 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない・最終話『去りゆく妹』』 http://bit.ly/fsmEPS


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

笛育市ダイアリー 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない・最終話『去りゆく妹』』

「妹だ。おまえは妹になるのだ。たーっ!」

家庭という四角いジャングルの中で兄に対して反則をくり広げる血に飢えた野生の妹高坂桐乃の正体は実はエロゲー養成機関『妹の穴』に育てられた悪役妹だった。富士山の裾野に世界中の妹が幸せに暮らせる『妹ランド』を作り上げる夢のため『妹の穴』が次々と送り込むエロゲーソフトと闘い続ける桐乃の前に力(ボディ)・技(媚態)・反則(近親相姦)の全てを兼ね備えた最強最後の妹エロゲー『妹・ザ・グレート』が登場。苦戦の末、ついに兄の京介に対するとんがった仮面を剥がされ素顔をあらわにされた桐乃は、最後の力をふりしぼってシャワーを浴びてから容赦ない反則攻撃で『妹・ザ・グレート』を葬り去り、新たなるエロゲーを求めてアメリカへと旅立つのだった。

【関連情報】

俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(Wikipedia

タイガーマスク』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

笛育市ダイアリー 『涼宮ハルヒの『国盗り物語』3』

「二年の教室でぼんやりしている上級生を捕まえた」
ハルヒは、顔色も変えない。ハルヒの哲学では、学生とは自分に拉致されるために存在するものではないか。
(ナイスバディか)
とおもい、念のため手をセーラー服の下からさし入れると、巨乳であった。
「お、おゆるしくださいませ」
みくるは身もだえた。
「おお、なぜロリ顔で小柄なのに乳はおれより大きいのだ」
疑問は突きとめぬと気のすまぬたちであった。
「云え」
いえやしない、と女が気が強ければがなりたてるであろう。ハルヒの長い指がおっぱいの中心にまでふれてしまっている。
文芸部の部室を奪って世界を大いに盛り上げようと志を立てたものの、これほどのハルヒが、みくるの乳頭に手を触れるのはいまがはじめてであった。

【関連情報】

涼宮ハルヒシリーズ』(Wikipedia

国盗り物語』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

笛育市ダイアリー 『俺に関する国際指名手配』

NHKテレビのニュースを見ていると、だしぬけにアナウンサーがおれのことを喋りはじめたのでびっくりした。
「ウィキリークス関係のニュースを終りまして、次は国内トピックス。森下ツトムさんは今日、会社の同僚の美川明子さんとのセックスの際にコンドームを使用しなかった容疑でインターポールに国際指名手配されました。森下さんが美川さんをホテルに誘ったのは今日で5回目ですが、コンドームを使ったのは最初の1回だけで、あとはずっと膣外射精で避妊を続けているそうです」
「陰謀だ」おれはそうつぶやいた。「これは俺を陥れようとするアメリカ政府の陰謀だ。くそ、こんな凝った細工をしやがって」

【関連情報】

ウィキリークス創設者対する別件逮捕についてタナウツネット雑記ブログ

WikiLeaks』(Wikipedia

筒井康隆』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (2)

2010年12月 5日 (日)

笛育市ダイアリー 『11/28~12/04の笛育市更新情報』

11月28日 笛育市ダイアリー 『涼宮ハルヒの『国盗り物語』』 http://bit.ly/gnXEcn

11月30日 笛育市ダイアリー 『涼宮ハルヒの『国盗り物語』2』 http://bit.ly/gofI6T


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

笛育市ダイアリー 『11/21~11/27の笛育市更新情報』

11月23日 【小暗黒面散歩小説】(笛育ライブラリー) http://bit.ly/f1R7Bh


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »