« 今日の更新情報(9/23) | トップページ | 笛育市ダイアリー 『大阪地検特捜部がもしと学会だったら』 »

2010年10月 1日 (金)

笛育市ダイアリー 『幻魔大戦のとても不思議なところ』

ベガが鉄球をぶち当てて建物が崩れて瓦礫が落ちてきた瞬間に丈の潜在超能力が覚醒しなかったらルナ姫たちは一体どうするつもりだったんだろう?「てへっ(はあと)失敗」とちょろっと舌を出して誤魔化すつもりだったのか。

鉄球をぶち当てようとしたり瓦礫を丈の上に落としたりさんざんひどいことをやっときながら、ちょっと反撃をうけただけで「私の警告を無視するとは無礼で野蛮でけしからん」というルナ姫さまの我が儘っぷりは、後にベガに「いつから地球の女王様になったのか」と言われるだけのことはある。だがそこがプリンセスの良いところですじゃ。

【関連情報】

幻魔大戦』(Wikipedia


(古賀)

« 今日の更新情報(9/23) | トップページ | 笛育市ダイアリー 『大阪地検特捜部がもしと学会だったら』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/49615112

この記事へのトラックバック一覧です: 笛育市ダイアリー 『幻魔大戦のとても不思議なところ』:

« 今日の更新情報(9/23) | トップページ | 笛育市ダイアリー 『大阪地検特捜部がもしと学会だったら』 »