« 笛育市ダイアリー 『幻魔大戦のとても不思議なところ』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『会長はメイド様!』 »

2010年10月 3日 (日)

笛育市ダイアリー 『大阪地検特捜部がもしと学会だったら』

「証拠は改ざんしてるかしていないかわからないところが面白いんじゃないですか!」
「フロッピーというのは正確さにおいてアヤシゲ極まりないものだがそこが奥深いのである」
などの擁護意見が出現する。

【関連情報】

特別捜査部』(Wikipedia

と学会』(Wikipedia


(古賀)

« 笛育市ダイアリー 『幻魔大戦のとても不思議なところ』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『会長はメイド様!』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山本検事「では、新人の岡田検事どうぞ」。
岡田検事「ちょっと違うのですが、模型の世界にパン屋の息子というのがおりまして(略)
(どっと湧く会議場)
岡田検事「受けた、しかしなにか違うような……」
山本検事「はっはっは、それは面白いけど裁判では使えないねぇ」
(監修:岡田斗司夫、漫画:眠田直)

妄想が止まりません。

投稿: 猫遊軒猫八 | 2010年10月 3日 (日) 19時16分

>猫遊軒猫八さん

唐沢検事はフロッピーの更新日時がおかしいのを「韜晦趣味というのをご存知ですか」と言って誤魔化そうとするのですね。

投稿: 古賀 | 2010年10月 3日 (日) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/49633583

この記事へのトラックバック一覧です: 笛育市ダイアリー 『大阪地検特捜部がもしと学会だったら』:

« 笛育市ダイアリー 『幻魔大戦のとても不思議なところ』 | トップページ | 笛育市ダイアリー 『会長はメイド様!』 »