« 今日の更新情報(4/6) | トップページ | 笛育市民大学講座(嘘知識) 料理『あんパン』 »

2010年4月 7日 (水)

笛育市民大学講座(嘘知識) テレビ番組『蜘蛛の糸』

芥川龍之介の短編を元にウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラが制作した子供向けアニメーション。

体が大きく凶暴だがおっちょこちょいでどこか憎めない悪党のカンダタが、毎回毎回蜘蛛の糸をロープにしたり空飛ぶ絨毯にしたり鳥を捕まえるネットにしたり閻魔大王を人質にとるための手錠にしたりいろんな手を使って地獄脱出を試みいつもうっかり口をすべらせた不用意な一言で無惨に失敗するドタバタを、極楽の蓮池からただ見物しているだけのお釈迦様の視点でブラックユーモアたっぷりに描いた異色作品。「ついに極楽に辿りついたカンダタがお釈迦様を地獄に蹴り落とし自分が極楽浄土の主になる」という幻の最終回がネットで話題になったことがある。

お釈迦様がカンダタが地獄に落ちていくのを見て「この旃陀羅め」と呟くシーンなど露骨なカースト差別描写がところどころに見られるが、当時のアメリカの一般的なバラモン家庭では特に問題視はされていなかったという。

【関連情報】

『蜘蛛の糸』(Wikipedia


『トムとジェリー』(Wikipedia

『旃陀羅』(Wikipedia


(古賀)

« 今日の更新情報(4/6) | トップページ | 笛育市民大学講座(嘘知識) 料理『あんパン』 »

笛育市民大学講座(嘘知識)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/48026440

この記事へのトラックバック一覧です: 笛育市民大学講座(嘘知識) テレビ番組『蜘蛛の糸』:

« 今日の更新情報(4/6) | トップページ | 笛育市民大学講座(嘘知識) 料理『あんパン』 »