« 笛育市民大学講座(嘘知識) 日本史『入鉄砲出女』 | トップページ | 一行知識244 »

2009年11月 6日 (金)

笛育市民大学講座(嘘知識) 日本史『兵糧丸』

忍者が敵地で何日間も活動を続けるための忍者食。

1つを半分に割って2つのうち1つを食して動き回り、お腹が空いたらそれをさらに半分に割って2つのうち1つを食して動き回り、またお腹が空いたらそれをさらに半分に割って2つのうち1つを食して動き回る。

これをずっと繰り返せば永遠に活動を続けることができるという説と、原子が物質の最小単位であることがわかるという説と2説ある。

【関連情報】

忍者食べていたもの』(忍者マイスター


(古賀)

« 笛育市民大学講座(嘘知識) 日本史『入鉄砲出女』 | トップページ | 一行知識244 »

笛育市民大学講座(嘘知識)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/46692563

この記事へのトラックバック一覧です: 笛育市民大学講座(嘘知識) 日本史『兵糧丸』:

« 笛育市民大学講座(嘘知識) 日本史『入鉄砲出女』 | トップページ | 一行知識244 »