« 笛育市民大学講座(嘘知識) テレビ番組『情報使いユキー』 | トップページ | 狐は腹立ちまぎれに言いました。「ふん、あのアカデミズムは酸っぱいに違いない」 »

2009年11月10日 (火)

笛育市民大学講座(嘘知識) テレビ番組『平成ガセパクリライターシリーズ』

ガセとパクリを多用するライターが、(自分にとっての)世界を破壊しようとする悪のトンデモや悪のネットや悪のブログや悪のアカデミズムの恐るべき野望に気付き、その野望を打ち砕くべく戦ったり逃げ回ったりビデオ撮影したりするという基本コンセプトに基づいて作られた特撮番組『ガセパクリライターシリーズ』のうち平成になってから製作、放映されたもの。

昭和に製作、放映された昭和
ガセパクリライターシリーズでは、主人公は改造人間であり出版社に洗脳されてガセパクリを行うことが多いが、平成ガセパクリライターシリーズでは主人公はパソコンやポメラなどのアイテムを用いて変身し、自らの意思でガセパクリを行うところに特徴がある。

主人公が時を越える列車に乗って過去に遡り、出版業界の先輩として人気女性漫画家にアドバイスをする『ガセパクリライター雑王』、主人公がアフリカが国である並行世界やエラスムスがギリシャの哲学者である並行世界やロバート・ケネディが大統領である並行世界などを渡り歩きながら、東京国際展示場に集結した歴代のアンチガセパクリライターと戦う『ガセパクリライターコミケット』などが代表作。

【関連情報】

『仮面ライダーシリーズ』(Wikipedia


『仮面ライダー電王』((Wikipedia

『仮面ライダーディケイド』((Wikipedia

『漫画家の高橋留美子さんが先輩の唐沢俊一氏からアドバイスを受けた時に言った名言!?(トンデモない一行知識の世界2)

『「コミックマーケット76」レポート(前篇)。(唐沢俊一検証blog)



(古賀)

« 笛育市民大学講座(嘘知識) テレビ番組『情報使いユキー』 | トップページ | 狐は腹立ちまぎれに言いました。「ふん、あのアカデミズムは酸っぱいに違いない」 »

笛育市民大学講座(嘘知識)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/46729846

この記事へのトラックバック一覧です: 笛育市民大学講座(嘘知識) テレビ番組『平成ガセパクリライターシリーズ』:

« 笛育市民大学講座(嘘知識) テレビ番組『情報使いユキー』 | トップページ | 狐は腹立ちまぎれに言いました。「ふん、あのアカデミズムは酸っぱいに違いない」 »