« 笛育市民大学講座(嘘知識) 世界史『偽丸楠経』 | トップページ | 笛育市民大学講座(嘘知識) 思想『哲学的バンビ』 »

2009年11月 7日 (土)

笛育市民大学講座(嘘知識) 世界史『スーパールイセンコ』

ソ連の農学者ルイセンコが後天的に獲得した戦闘力が遺伝して、スカウターでも測定できないぐらいに子孫がパワーアップしたもの。ドラゴンボール主義農法の応用による。
これを応用してスーパースターリンやスーパーフルシチョフやスーパー毛沢東が寒冷地の農家で栽培されたが、食糧の増産にはまるで役に立たず多くの死者が出た。理由は不明である。

【関連情報】

『ルイセンコ論争』(Wikipedia


『サイヤ人』((Wikipedia


(古賀)

« 笛育市民大学講座(嘘知識) 世界史『偽丸楠経』 | トップページ | 笛育市民大学講座(嘘知識) 思想『哲学的バンビ』 »

笛育市民大学講座(嘘知識)」カテゴリの記事

コメント

>古賀さん
某国立大学ではソ連崩壊後もしばらくはルィセンコ優等農法で大きなトマトやジャガイモが出来るはずだと研究を続けていたそうです。
むかしのジャンプ作品の「主人公がちょっと挫折して飛躍的に強くなる」であるとか「敵を殺さないで子分にする」「みんなの力をオラにわけてくれー!」とか全体主義的かな、と思います。

投稿: 猫遊軒猫八 | 2009年11月 8日 (日) 14時22分

>猫遊軒猫八さん

そのうち誰かが「ルイセンコ農法Z」とか言ってリメイクもとい再評価しはじめるかもしれません。

確かに共産主義って、努力・根性・勝利のジャンプのりなんですよね。スタハノフ運動なんか界王拳だし。

投稿: 古賀 | 2009年11月 8日 (日) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/46699405

この記事へのトラックバック一覧です: 笛育市民大学講座(嘘知識) 世界史『スーパールイセンコ』:

« 笛育市民大学講座(嘘知識) 世界史『偽丸楠経』 | トップページ | 笛育市民大学講座(嘘知識) 思想『哲学的バンビ』 »