« まるで走ってない | トップページ | 今日の更新情報(11/04) »

2009年11月 4日 (水)

笛山くんと育田さん 『構造主義の父と消された時間』編

笛山「人類学者のレビストロースさんが亡くなられましたね」
育田「そうですね」
笛山「『構造主義の父』といわれていた」
育田「らしいね」
笛山「すると『構造主義の母』とか『構造主義の兄弟』とか『構造主義の太郎』とか『帰ってきた構造主義』とか『構造主義キング』とかもいるんですかね」
育田「それはいないと思うが」
笛山「『サルトルくん、この世に構造でないものなどなに一つとしてないのだよ』の言葉で有名な」
育田「いや、そんなどこぞの陰陽師の口癖みたいなこと言ってないから」
笛山「リンゴが木から落ちるのを見てムルンギン族の婚姻体系を発見した」
育田「どうやってだよ」
笛山「そこが野生の思考というやつですよ。凶暴な野生のリンゴと食うか食われるかの死闘を繰り返すうちにいつのまにか2人の間に友情が芽生え、ついにリンゴが重い口をひらく。『レビストロース殿、わがリンゴ一族に代々伝わるムルンギン族の婚姻体系の秘密、おぬしを見込んで伝授しよう』」
育田「リンゴに口があるのか」
笛山「そういえば私の若い頃はレビストロースとは呼んでいませんでした」
育田「そうらしいね」
笛山「山口昌男と呼んでいました」
育田「それ全然別の人だから!しかも日本人だし!」
笛山「大した違いじゃないですよ。ヴィとビが違うぐらいで」
育田「いやいや、ヴィとビの違いだけではレビストロースが山口昌男にはならんし、フランス人が日本人にはならんよ」
笛山「結局どっちが正しいんでしょうかね。ヴィラ星人とビラ星人」
育田「いつの間にか地球を狙う異星からの侵略者の呼称の話にすり替わってるぞ」
笛山「まあ晩年は不遇だったようで」
育田「不遇じゃないよ。何でも不遇にするなよ。どこぞのサブカルライターじゃあるまいし」
笛山「育田くん、どこぞのサブカルライターみたいにガセばっかり言っちゃ困りますよ」
育田「お前が言ってるんだ!」

【関連記事】

「悲しき熱帯」レビストロース氏死去 「構造主義の父」

【関連情報】

『クロード・レヴィ=ストロース』(Wikipedia


『構造主義』((Wikipedia

『山口昌男』(Wikipedia


(古賀)

« まるで走ってない | トップページ | 今日の更新情報(11/04) »

笛山くんと育田さん」カテゴリの記事

コメント

>「いつの間にか地球を狙う異星からの侵略者の呼称の話にすり替わってるぞ」

むしろレヴィ・ストロースは、侵略者から伝統文化を守りたかったんだと思います。

>「まあ晩年は不遇だったようで」

アメリカに亡命した作曲家バルトークやストラヴィンスキーを連想しました。
彼らの音楽は、伝統的な民族音楽を分析して作り出されたものです。

私は構造主義とは、占星術の神話版だと思うのです。


投稿: おおくぼ | 2009年11月 5日 (木) 16時08分

レビストロースさん……amazon.co.jpで調べたら同じ本が「悲しき熱帯」と「悲しき南回帰線」と二種類の邦訳が出てるんですね。読んでないのでなんとも言えないのですが片方はえらくレビューがボロボロで興味をそそります。

投稿: 猫遊軒猫八 | 2009年11月 5日 (木) 21時35分

>おおくぼさん

いや、レビストロースという表記に違和感があったのでついついくだらないものを書いてしまいました。「侵略者」とか「不遇」とかは話の展開上何となく出しただけで特に深い意味はありません。

私は実存主義と構造主義の関係って、孫悟空と釈迦の掌の関係なんだろうななどと思っています。

投稿: 古賀 | 2009年11月 5日 (木) 22時05分

>猫遊軒猫八さん

>読んでないのでなんとも言えないのですが
>片方はえらくレビューがボロボロで興味を
>そそります。

たしかにここまでひどいとかえって読んでみたくなります。今度本屋で見つけたら立ち読みしてみるつもりです。

投稿: 古賀 | 2009年11月 5日 (木) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/46674822

この記事へのトラックバック一覧です: 笛山くんと育田さん 『構造主義の父と消された時間』編:

« まるで走ってない | トップページ | 今日の更新情報(11/04) »