« 笛育市民大学講座(嘘知識) 書籍『お釈迦ボックス』2 | トップページ | 笛育市民大学講座(嘘知識) 世界史『ハロウィン事件』 »

2009年11月23日 (月)

笛育市民大学講座(嘘知識) テレビ番組『まんが大和昔ばなし』

大和(日本)の各地に残る大和魂の大切さを伝える不思議な昔話を集め、松本零士風に映像化した人気テレビ番組。

【あらすじ】

『大和太郎』

むかしむかし、悪い青鬼により国中の空気や水が汚れて人々が困り果てていたことがあった。
老夫婦が海底に沈んだ戦艦の赤錆を集めて船を造ったところ、長年信心していた伊豆神樽神社の天神の力により船に命が宿った。
老夫婦に大和太郎という名前を貰った船は仲間を集めて悪い青鬼を退治に出かけることにした。

『天狗の隠れ蓑』

大和太郎に乗り込んだ仲間が青鬼の目を逃れるために用いた老夫婦の家宝の天狗の隠れ蓑は、使い方を間違えると船体に穴が開いたり娘っ子の服が消えてなくなったりするひどく危険なものだった。

『天人の島』

大和太郎が旅の途中で立ち寄った天人の島は、実は悪い青鬼の子分の隠れ家だった。
船の仲間は危難が近付くと異変が起こるという言い伝えの波動地蔵の目玉が光り出すのを見て青鬼の子分たちに警告するが、子分たちは笑っているだけで本気にしない。やがて天人の島は巨大化した波動地蔵の重みで一夜にして沈んでしまい、目隠しで対閃光防御していたために助かった船の仲間はまた旅を続けるのだった。

【関連情報】

『まんが日本昔ばなし』(Wikipedia


『大和』((Wikipedia

『宇宙戦艦ヤマト』((Wikipedia


(古賀)

« 笛育市民大学講座(嘘知識) 書籍『お釈迦ボックス』2 | トップページ | 笛育市民大学講座(嘘知識) 世界史『ハロウィン事件』 »

笛育市民大学講座(嘘知識)」カテゴリの記事

コメント

沖田じいさんが実は脳死していなかったり、青鬼が最後に味方になったりしますね。

投稿: 猫遊軒猫八 | 2009年11月24日 (火) 17時51分

>猫遊軒猫八さん

松本じいさんと西崎じいさんが大和太郎を左右から引っ張って力比べをする話とかもありましたね。

投稿: 古賀 | 2009年11月24日 (火) 20時29分

キャプテン・ハーロックに憧れて本当に海賊になってしまった西崎じいさんや槇原敬之に告訴された松本じいさんはアニメより面白すぎます。真面目に仕事しろっと頭の中で突っ込み入れてます。

投稿: 猫遊軒猫八 | 2009年11月25日 (水) 18時40分

>猫遊軒猫八さん

『松本じいさんと西崎じいさん』
両方とも欲深じいさんという不思議な昔話でしたね。普通どっちかが正直じいさんなんですが。

投稿: 古賀 | 2009年11月25日 (水) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/46838067

この記事へのトラックバック一覧です: 笛育市民大学講座(嘘知識) テレビ番組『まんが大和昔ばなし』:

« 笛育市民大学講座(嘘知識) 書籍『お釈迦ボックス』2 | トップページ | 笛育市民大学講座(嘘知識) 世界史『ハロウィン事件』 »