« 笛育シネマシアター『幻魔大戦 プリンセス・ルナの憂鬱』 | トップページ | 今日の更新情報(10/18) »

2009年10月18日 (日)

『トンデモ本の世界W』その1

気になるのは唐沢俊一の平野威馬雄『それでも円盤は飛ぶ!』の紹介記事の中に

『内外タイムス』の1964(昭和34)年7月24日号に載ったインタビュー(265ページ)

なんて文章が入っているところで、唐沢俊一検証blogコメント欄での指摘を自分の目で確かめたときは“何で西暦1964年が昭和34年?”とひっくり返ったが、これは多分“1964(昭和39)年”の単純ミスだろう。しかし、何しろロバート・ケネディ大統領暗殺を平気で語るような人物である。大正天皇の亡くなった年が我々の世界とは違う平行世界からやって来たと考えてもおかしくないような雰囲気があふれているのだ。
(参考:『トンデモ本の世界W』P263~P265)

反面教師にはなれたけど。(唐沢俊一検証blog)


 
(古賀)

« 笛育シネマシアター『幻魔大戦 プリンセス・ルナの憂鬱』 | トップページ | 今日の更新情報(10/18) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/46519414

この記事へのトラックバック一覧です: 『トンデモ本の世界W』その1:

« 笛育シネマシアター『幻魔大戦 プリンセス・ルナの憂鬱』 | トップページ | 今日の更新情報(10/18) »