« 今日の更新情報(3/25) | トップページ | 今日の更新情報(3/26) »

2009年3月25日 (水)

笛育市民大学講座(嘘知識) 経済学『桶屋理論』

一定の条件の元に風速30m/s以上の風が一定時間以上吹くと、桶を買うための貨幣支出がたちまち増大し、最終的には国民全体が桶屋になり国全体が儲かるという経済理論。ヒトラーの元で経済大臣になった桶屋のシャハト博士が、「扇風機の開発を競わせる大競技場を作る」「高速道路に扇風機を走らせる」などの公共投資を行い、自分の店を立てなおすついでにドイツ経済を立てなおしたのは良く知られている。

【関連情報】

『乗数効果』(Wikipedia

『ヒャルマル・シャハト』(Wikipedia

『アドルフ・ヒトラー』(Wikipedia

『風が吹けば桶屋が儲かる』(Wikipedia

経済的直感の天才ヒトラー』(数学屋のメガネ)

(古賀)

« 今日の更新情報(3/25) | トップページ | 今日の更新情報(3/26) »

笛育市民大学講座(嘘知識)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/44467142

この記事へのトラックバック一覧です: 笛育市民大学講座(嘘知識) 経済学『桶屋理論』:

« 今日の更新情報(3/25) | トップページ | 今日の更新情報(3/26) »