« 今日の更新情報(2/24) | トップページ | 今日の更新情報(2/28) »

2009年2月28日 (土)

「グラップラー御宅」地下闘技場編 板垣恵介作

【これまでのあらすじ】
「御宅バカ一代」超人追求編 梶原一騎原作つのだじろう画

「スリリングなSFが好きなら…オレが相手してやろうか」
「オレの相手をするだとう!?こちとらアニメと特撮で鍛えられた映像世代だぜ!今さら活字だけのSFなんざバカバカしくってよォ!」
「そういうオマエらだからこそオレの技を継ぐ権利がある……オレの破滅SFは…『ノストラダムスの大予言』の10倍はスリリングだぞ!!」
SFショウを終えた武田と岡田の前にあらわれた恐るべきSF力を持つ1人の男が、新たなる闘いの聖地へと2人を誘う。

「も、森の宮ピロティホール地下闘技場!?」
「そう…一切の禁じ手なし!己が修業した技ならいかなるSF技も使用を認める!異星人がナチスだろうがロボットがレーザー光線振り回してチャンバラしようが、だァ~~れも文句を言わん!早え話がお祭りだよ、お祭り……いちばァ~~ん強ええSFを決定(きめ)る場所(たいかい)だ!」
「…………」
「アレ?よだれが垂れてるぜ」
「からかってンじゃねェだろうな…
「SFに関しちゃオレはいつだってマジメだぜ…強くなれるぜ!この小松左京より!!

次回『グラップラー御宅』オタク幼年編
「パワードスーツか…普通のアマチュアであるならばほぼ不可能と言ってよい…だがな、されどSFマニア…きわめて高度のレベルではあるが、複雑な形状のパワードスーツをオープニングアニメで動かすこと必ずしも不可能ではない…」
「その条件ッ!きさまが満たすというのか、庵野ッッッ!!」
(参考:『グラップラー刃牙』板垣恵介作『のーてんき通信』武田康廣著『おたくの起源』吉本たいまつ著)

(注:この物語はフィクションです)

【関連情報】

『小松左京』(Wikipedia

日本沈没』(Wikipedia

『庵野秀明』(Wikipedia

『グラップラー刃牙』(Wikipedia


(古賀)

« 今日の更新情報(2/24) | トップページ | 今日の更新情報(2/28) »

グラップラー御宅(格闘漫画風オタクの歴史) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/44203380

この記事へのトラックバック一覧です: 「グラップラー御宅」地下闘技場編 板垣恵介作:

« 今日の更新情報(2/24) | トップページ | 今日の更新情報(2/28) »