« もしも『トンデモ本の世界』で『トンデモ一行知識の世界』が紹介されていたら | トップページ | 今日の更新情報(10/13) »

2008年10月13日 (月)

『血で描く』 荒木飛呂彦バージョン

「おれは今までの人生で日本各地を放浪しいろいろな古本を見て来たッ!だがこんな化け物は見たこともねえッ!!人間を原稿用紙に変えて漫画の中に引き込む力を越えた力を持つ魔物はよオッ!こんなのが世の中に出てったらこれからの世界はいったいどうなっちまうんだッ!」
「血ッ!沼波恭一が世の中を呪いながらインクに自らの血を混ぜて描いたこの漫画は…血液から人間の隠された未知の能力を引き出したにちがいない!……とすると沼波恭一を倒す可能性は!血で描かれた原稿を完全に燃やし尽くすこと!強い意志を持ってやらねばならない!…強い意志を持つ!沼波恭一はすでに人間ではないのだからッ!魔物なのだからッ!これ以上奴に殺戮を許すわけにはいかん!!」

【関連情報】

『唐沢俊一』(Wikipedia

『ジョジョの奇妙な冒険』(Wikipedia

『荒木飛呂彦』(Wikipedia


(古賀)

« もしも『トンデモ本の世界』で『トンデモ一行知識の世界』が紹介されていたら | トップページ | 今日の更新情報(10/13) »

贋作『血で描く』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/42765411

この記事へのトラックバック一覧です: 『血で描く』 荒木飛呂彦バージョン:

« もしも『トンデモ本の世界』で『トンデモ一行知識の世界』が紹介されていたら | トップページ | 今日の更新情報(10/13) »