« 今日の没嘘ニュース | トップページ | 今日の更新情報(9/1) »

2008年9月 1日 (月)

『血で描く』 岡田斗司夫バージョン

僕ははっと気づいた。
あわてて、沼波恭一の作品リストを読んだ。すると、次々と見つけてしまったのだ。

『涙で描く』
『汗で描く』
『唾液で描く』

『鼻水で描く』
『胃液で描く』
『胆液で描く』
『すい液で描く』
『精液で描く』
『カウパー腺液で描く』
『血で描く』
僕はやっと気がついた。そうか、沼波恭一はこれはと力を入れた漫画はいつでも自分の体液を混ぜたインクで描いていたのだ。気づいて、僕は大笑いした。そして、今まで以上に沼波恭一の大ファンになってしまった。
沼波恭一の「血で描く」はもちろん本気だ。世の中を憎み人間を憎む熱い情熱の現れとも言える。でも熱い情熱がいつも「体液で描く」方向に向くのが面白いじゃないか。その熱い情熱が沼波恭一に呪いの貸本漫画を作らせ、日本全国の古本マニアを次々と行方不明にしたり悲惨な死に方をさせるのだ。それを誰が止められよう。
少なくとも僕は応援する。

(参考:太田出版『オタク学入門』P202)
http://netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/otakugaku/No6.html#anchor1825724

【関連情報】

『唐沢俊一』(Wikipedia

『岡田斗司夫』(Wikipedia

 
(古賀)

« 今日の没嘘ニュース | トップページ | 今日の更新情報(9/1) »

贋作『血で描く』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/42334807

この記事へのトラックバック一覧です: 『血で描く』 岡田斗司夫バージョン:

« 今日の没嘘ニュース | トップページ | 今日の更新情報(9/1) »