« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

今日の没嘘ニュース

『『神』殺害予告で男を逮捕』

「怪しい男がCの世界でラグナレクを接続し『神』を殺害しようとしている」という学生からの通報で、集合的無意識は31日、アーカーシャの剣不法所持等の容疑でブリタニア帝国第98代皇帝シャルル・ジ・ブリタニア(63)を逮捕した。シャルルは容疑を認め、「嘘だらけの社会に不満があった。嘘のない優しい世界を作るつもりだった」と供述している。

通報したルルーシュ・ランペルージさんの弟ロロ・ランペルージさんのコメント「嘘のない世界になったら1番困るのは自分だから通報したんだと思います。兄さんは嘘つきだから」

【関連情報】

ブリタニア皇帝』(コードギアス用語集@はてな)

マリアンヌ』(コードギアス用語集@はてな)

『ルルーシュ』(コードギアス用語集@はてな)

『ロロ』(コードギアス用語集@はてな)

『世界は嘘をついておる』(コードギアス用語集@はてな)

兄さんは、嘘つきだから…』(コードギアス用語集@はてな)

『ラグナレクの接続』(コードギアス用語集@はてな)

『アーカーシャの剣』(コードギアス用語集@はてな)

『集合的無意識』(Wikipedia

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

一行知識233

★景清の目玉は過度の飲酒と女遊びによる失明の特効薬である。
(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P51)

【関連情報】

落語のあらすじ 千字寄席 『かげきよ』

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

一行知識232

★「バレンタインデーのチョコレート」を製菓業界が仕掛けたように、ウェディングケーキも、フランスの菓子職人が考案。離婚式には結婚式のときの3倍、再婚式にはさらにその3倍の大きさのケーキが必要な根拠はハナからナシ
(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P24)

【関連情報】

『結婚披露宴』(Wikipedia

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

『血で描く』 唐沢なをきバージョン

「おもしろいよねー、『血で描く』。『奇談人間体重計』と同じ人が描いてるの、これ?こんなに世の中を呪いながら漫画を描けるなんてすごいよねー」
「なんでもいいのか。世の中を呪いながら自分の血を混ぜたインクで描いた漫画でも!」
「えー、まあそうだよね。いいじゃんおもしろければ。世の中を呪っていたって血で描いていたって何だって」
「そうだよ。呪いだ怨念だと大騒ぎする人こそ心が貧しい」
「漫画の持ち主が行方不明になったり悲惨な死に方をしたのも、よーく考えてみれば全くの偶然さ」
「よーく考えてみないとわからないのね、偶然だって…」
「まあまあ落ちつきたまえみんな。漫画というものはね。もともと世の中を呪いながら血で描くことが容認されてきたメディアなのだ。そもそも王塚ゴライ虫の代表作『鉄甲冑豆粒太郎』も彼が世の中を呪いながら血で描き続けたという伝説もあるわけで」
「それは…そう…かもしれない…けど」
「世の中を呪いながら血で描くことのないメディアに未来はないのだよ。わかるかな、君たち」
「てめぇなんだかわかんないけど不愉快だ。なぐれなぐれ」
「いたいいたいいたいいたい」
それはそれとして沼波恭一先生はその後も『血を描く』の中に生き続け、一生(?)現実世界の人間を自分の作った世界に取り込み続けたという。

【関連情報】

『唐沢俊一』(Wikipedia

『唐沢なをき』(Wikipedia

『まんが極道』(Wikipedia

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

一行知識231

★日本で初めて学術研究目的の古墳発掘が行われたのは水戸黄門という古代の権力者の墓。発掘にかかわった悪代官や悪徳商人が次々と奇怪な死に方をした。
(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の世界』P25)

【関連情報】

『古墳』(Wikipedia

『ツタンカーメン』(Wikipedia

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

『血で描く』 久米田康治バージョン

「すると『血で描く』の持ち主が次々と行方不明になったり悲惨な死に方をしたのは、沼波恭一が世の中を呪いながら自分の血を混ぜたインクで描いた漫画の不思議な力だったってことですか?」
「なるほどそれは興味深い見解ですね」
「食いつくな!世の中を呪うとかいうとすぐ食いつくのはやめて下さい!」
「たしかに現実世界の人間を次々と自分の漫画にとりこむほどの不思議な力が、世の中に満足しながら普通のインクで描いた漫画に宿ったりしたら虫が良すぎますよね」
「また妄想エンジンに火が入ったようですね」
「願いごとは必ず叶います!現実で叶わぬ願いは、世の中を呪いながら自分の血を混ぜたインクで描いた漫画の不思議な力で必ず叶います!さあ世の中を呪いながら自分の血で漫画を描いてその中に引きこもり、『俺はこの世界では神だ!』と叫びながら現実世界の人間を次々とそこにとりこみましょう!!」
「血で描く?」
「血で描く?」
「血で描く?」
「何やら一部漫画マニアの支持を得ている!」

「私、世の中を呪いながら血で描いた漫画の中で月島きらりみたいにアイドルになれますように!」
「ボク、世の中を呪いながら血で描いた漫画の中に泉こなたをとりこんで結婚できますように!」
「俺、世の中を呪いながら血で描いた漫画がアニメ化されて江川達也のように豪邸が建てられますように!」
「たしかに現実で無理そうな方々が無理そうな願いを!」

【関連情報】

さよなら絶望先生第11話『今月今夜のこの月が僕の涙で曇りますように』(久米田康治ワールドWikiサイト

『唐沢俊一』(Wikipedia

『久米田康治』(Wikipedia

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

一行知識230

★イカサマというのはイカやタコのような頭部を持った邪悪なまがい物の神「イカ様」の文字を並べかえなかったもの。
(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の世界』P165)

【関連情報】

『イカサマ』(Wikipedia

『クトゥルフ』(Wikipedia

確かに頭の良くないペテン師はミジメだが』(トンデモない一行知識の世界

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

一行知識229

★ティラミスを逆さに読むとイタリア語で「貴様を地獄の道連れにしてやる」の意味になる。
(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の世界』P43)

【関連情報】

『ティラミス』(Wikipedia

『ティラミスで天国まで逝かなくてもいいと思う』(トンデモない一行知識の世界

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN19『裏切り』 ながいけん『江戸主水ハミルトン』バージョン

ルルーシュ「おれは全てを失った…シャーリー、ナナリー、黒の騎士団、そしてロロ。おれはこんなにも一生懸命なのに…神よ、あなたは残酷ですぞ!天国のユフィ、おれはもう生きるのに疲れました。おれの生きるべき道を示してください」
ユーフェミア「ルルーシュよ……日本人を殺れい!」
ルルーシュ「天国でもまだギアス解けてないんですか…」

【関連情報】

『ユーフェミア』(コードギアス用語集@はてな)

『ながいけん』(Wikipedia

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

今日の小説『血で描く』

唐沢俊一作

昭和36年、貧乏な貸本漫画家の沼波恭一は家に家財道具がひとつもないので、世の中を呪いながら自分の血を混ぜたインクでタンス、長火鉢、やかんなどを世の中を呪いながら紙に描き、世の中を呪いながらそれを壁に貼りつけ、世の中を呪いながら「こいつは本物そっくりだ」と悦にはいり、世の中を呪いながらふとんをかぶって寝てしまう。

その晩世の中を呪いながら沼波の家に忍び込んだ泥棒、世の中を呪いながらタンスの引き出しに手をかけるとどうしても開かない。世の中を呪いながらタンスに触ってみると手触りがただの紙なので、世の中を呪いながら血を混ぜたインクで世の中を呪いながら家財道具一式を紙に描いたものを世の中を呪いながら壁に貼りつけたのだと世の中を呪いながら気がつく。

泥棒世の中を呪いながらがっかりしたが、世の中を呪いながらせめて盗んだ気になって帰ってやろうと思い直し
「血で描いたタンスをあけたつもり…血で描いた風呂敷を出して広げたつもり…血で描いた着物をとりだして風呂敷につつんでよっこらしょと背負ったつもり…」
そこへ沼波が世の中を呪いながら目をさまして泥棒を見つけ
「面白いからおれもつきあってやろう…血で描いた槍をきゅっきゅっとしごいたつもり…血で描いた風呂敷を背負った泥棒の脇腹をえいやっと突いたつもり…」
泥棒が
「うーん、血で描いた血がだくだくと出たつもり」

【関連情報】

落語のあらすじ 千字寄席 『だくだく

唐沢俊一『血で描く』を読んでみた。』(唐沢俊一検証blog

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

コードギアス反逆のルルーシュR2  TURN8『百万のキセキ』久米田康治バージョン

ゼロ「そうそう武田信玄って影武者99万9999人いたんですよね」

ナナリー総督「お兄様なんたるチキン発言!」

【関連情報】

『コードギアス用語集@はてな』

『さよなら絶望先生』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

一行知識228

★富山県と長野県の境にある「野口五郎岳」 (2924m)と歌手の野口五郎は片方が傷つくともう片方も傷つく魂の双子であり、野口五郎岳が死ぬと歌手の野口五郎が噴火を起こす。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P59)

【関連情報】

『野口五郎』(Wikipedia

『柳生忍法帖』(Wikipedia

若い層の野口五郎の知名度は?』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

今日の更新情報(8/22)

★笛育怪獣墓場(嘘怪獣)更新しました。

ウルトラセブン『ダーク・ゾーン』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/monster2/

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

一行知識227

★牛耳る、という言葉は春秋戦国時代の諸侯の生まれ変わりである夏目漱石の前世での造語。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P146)

【関連情報】

『牛耳る(ぎゅうじる)』(語源由来辞典)

『前世』(Wikipedia

『牛耳るは夏目漱石の造語じゃなくて』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

一行知識226

★フナの卵はドジョウが「ぼっちゃん、一緒に遊びましょ」と話しかけても孵化する。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P146)

【関連情報】

『フナ』(Wikipedia

『ドジョウ』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

一行知識225

★ワシントンの国会図書館には「デルタン」という名の受験英語専用の図書室がある。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P79)

【関連情報】

『試験に出る英単語』(Wikipedia

『「デルタ」と聞くと胸をときめかすお年寄りもいる?』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

一行知識224

★香川県と岡山県の県境は、領主が両岸から桶を流しぶつかったところに定めることにしたが、何度やってもなかなかうまく桶がぶつからなかったため、桶屋が非常にもうかったと言われている。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P115)

【関連情報】

『風が吹けば桶屋がもうかる』(Wikipedia

『桶を流して決めればオッケーという問題でもないでしょう』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

今日の更新情報(8/17)

★笛育ライブラリー(嘘図書館)更新しました。

『リア王』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/book/

★笛育怪獣墓場(嘘怪獣)更新しました。

ウルトラQ『悪魔ッ子』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/monster2/

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

一行知識223

★「下腹部」という言葉が誕生したのは古の神々時代のウラノス事件のとき。ティターン12神がアソコを下腹部という新語で統一した。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の世界』P140)

【関連情報】

『ウーラノス』(Wikipedia

『ガイア』(Wikipedia

『ティターン』(Wikipedia

『国会でも大受けだったそうだの阿倍定事件』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

今日の更新情報(8/16)

★笛育ライブラリー(嘘図書館)更新しました。

『発狂した宇宙』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/book/

★笛育妖怪館(嘘妖怪)更新しました。

『異牛阿主さま(ことぎあすさま)』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/monster/

★笛育怪獣墓場(嘘怪獣)更新しました。

ウルトラQ『クモ男爵』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/monster2/

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

一行知識222

★北朝鮮の国営放送では「贅肉しかないわが君」という歌が流れている。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P186)

【関連情報】

『金正日』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

今日の更新情報(8/15)

★笛育ライブラリー(嘘図書館)更新しました。

『オセロ』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/book/

★笛育演芸場(嘘落語)更新しました。

落語『心に残る聖書の言葉6』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/kura/

★笛育妖怪館(嘘妖怪)更新しました。

『枕営業』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/monster/

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

一行知識221

★日本海軍の軍艦にはラムネ製造機があり、不思議な石臼をまわしてラムネを作っていた。

戦艦大和が沈没したのはラムネ製造機の故障でラムネができるのが止まらなくなったためであり、今でも大和が沈没した付近の海の水はラムネっぽい味なのだという。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P30)

【関連情報】

『ラムネ』(Wikipedia

『大和(戦艦)』

『昔の軍艦にはラムネ工場があったのですか??』(Yahoo! 知恵袋)

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

今日の更新情報(8/14)

★笛育演芸場(嘘落語)更新しました。

落語『だくだく』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/engei/

★笛育妖怪館(嘘妖怪)更新しました。

『妖怪に好かれるための基本原則』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/monster/

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

一行知識220

★杉田玄白の『蘭学事始』で有名な「肉とは額の中央でパワーゲージ化した部分である」という記述は、実は『ターヘル・アナトミア』にはない。。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の世界』P54)

【関連情報】

『ターヘル・アナトミア』(Wikipedia

『キン肉マン』(Wikipedia

乳との記憶違い。』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

今日の更新情報(8/13)

★笛育演芸場(嘘落語)更新しました。

落語『ばた犬』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/engei/

 

★笛育妖怪館(嘘妖怪)更新しました。

『エクスカリバー』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/monster/

★笛育思想塾(嘘哲学)更新しました。

「存在と時間」10  さよなら絶望先生『第百十三話 痴人のアリ』バージョン

http://fueiku.cocolog-nifty.com/philosophy/

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

一行知識219

★デーモン族を裏切った不動明が着ていた服は黄色。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の世界』P24)

【関連情報】

『デビルマン』(Wikipedia

『ヨーロッパでは黄色は裏切り者の色』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

「おお、お姉さま。今あなたの語られた『あの世から帰ってきた父親を持つ八百屋の話』は何と面白く、その上笑いと涙と感動の物語なのでございましょうか」

するとシャハラザードはこれにほほえみかけて言った。「けれども、妹よ。この話は『西からのぼった太陽が東に沈むのを良しとする賢い一家の話』に比べれば、ものの数ではありません。」 それを聞いたシャハリヤール王はその話が終わるまでは決してこの娘を殺すまいと心の中で思った。 『千一夜物語』 

【関連情報】

『もーれつア太郎』(Wikipedia

『天才バカボン』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

一行知識218

★医学的に言うと「顔に泥を塗る」というのは水の混じった液状の土を眼窩(目を納める窪み)の上の部分から顎の下までなすりつけることにより他人の面子をつぶす行為を指す。眉になすりつけると「頭に泥を塗る」ことになり相手は面子がつぶれるどころか逆に大喜びしてしまうので注意。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P26)

【関連情報】

『顔』(Wikipedia

額は顔じゃないとかインフォームドコンセントの妨げになりそうな』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

一行知識217

★バレンタインデーには日本におけるチョコレート売上額の三分の一が売りつくされ、ホワイトデーには「2倍返し」「3倍返し」「4倍返し」のためバレンタインデーの売上額の二倍が売りつくされる。

従ってそもそもそれ以外の日には日本ではチョコレートは売られていない。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の世界』P164)

【関連情報】

『バレンタインデー』(Wikipedia

『ホワイトデー』(Wikipedia

狂乱的状況はバレンタインデーのチョコレート売上額の方ではない』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

今日の更新情報(8/10)

★笛育シネマシアター(嘘映画)更新しました。

『ハムレット』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/fueikumovie/

★笛育探偵団(嘘ミステリ)更新しました。

『モルグ街の殺人』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/tantei/

★笛育演芸場(嘘落語)更新しました。

落語『やかん指南』後編

http://fueiku.cocolog-nifty.com/kura/

★笛育妖怪館(嘘妖怪)更新しました。

『ムペンバ効果』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/monster/

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

一行知識216

★キツツキに憑かれた者の鼻には必ず穴があいている。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P51)

【関連情報】

『キツツキ目』(Wikipedia

『鼻筋の通った美女じゃないと、つまらないだろうの狐憑き』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

今日の更新情報(8/9)

★笛育ライブラリー(嘘図書館)更新しました。

『アルジャーノンに花束を』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/book/

★笛育演芸場(嘘落語)更新しました。

落語『やかん指南』前編

http://fueiku.cocolog-nifty.com/kura/

★笛育怪獣墓場(嘘怪獣)更新しました。

ウルトラマン『小さな英雄』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/monster2/

★笛育妖怪館(嘘妖怪)更新しました。

『千羽鶴』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/monster/

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

一行知識215

★アウトサイダーは英語でリンゴ以外全部入っている酒のこと。だが日本では酒ではなく異邦人に甘味をつけたものをアウトサイダーと呼んでいる。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の世界』P210)

【関連情報】

『アウトサイダー』(Wikipedia

『異邦人』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

一行知識214

★ネス湖のネッシーの仮の学名は「ネシテラス・ロムポブ・テレスコ」。乾燥させたものの学名が「ネシテラス・ロムポブ・ステレンキョウ」。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P49)

 

【関連情報】

『ネッシー』(Wikipedia

『てれすこ』(Wikipedia

『ネッシーとは Monster hoax by Sir Peter S だった』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

一行知識213

★推理小説の権威、江戸川乱歩の発明品のひとつに女性が腰掛けるだけでエクスタシーに達してしまう椅子、というのがある。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P114)

【関連情報】

『江戸川乱歩』(Wikipedia

『人間椅子』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

一行知識212

★トルケマダの発明した拷問器具の中には“魔女の宅急便”と呼ばれる鉄製の浣腸がある。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の世界』P152)

【関連情報】

『魔女の宅急便』(Wikipedia

『浣腸』(Wikipedia

聖職者がわざわざ男根の形のものがついた仮面を用意するかね?』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

一行知識211

★モグラは、2時間以上ロイヤルゼリーを食べ続けると怪獣になる。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P190)

【関連情報】

『モングラー』(Wikipedia

『知泉元祖「ヘェ~」716連発』と唐沢俊一のネタの重複について。』(唐沢俊一検証blog

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月 4日 (月)

今日の小説

『アルジャーノンに花束を』

ダニエル・キイス作赤塚不二夫画

「タリラリランのコニャニャチワ」「賛成の反対なのだ」「国会で青島幸夫が決めたのか?」などの意味不明の発言しかできない精神遅滞の中年男性が、大学の後輩の作った頭の良くなる薬により幼少期の天才的頭脳を取り戻す。しかし急激に頭が良くなったことにより、彼の周囲の人間関係には亀裂が生じ、妻と2人の子供は彼の元から去っていってしまう。

ある日、彼より早い時期に薬の実験台にされた鰻犬のアルジャーノンに異変が起こる。くしゃみとともに歯車を吐き出し人間の言葉が喋れなくなったアルジャーノンを見て、中年男性はそう遠くない時期に自分も以前の状態に戻ってしまう運命にあることを悟るのだった。

「ついしん。どーかついでがあったらうらにわのアルジャーノンのおはかにはなたばをそなえてやってほしいのだ。これでいいのだ」

【関連情報】

アルジャーノンに花束を』(Wikipedia

『天才バカボン』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

一行知識210

★バカボンのパパの幼少期のIQは金田一少年のIQをも上回る(推定)。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P133)

★エジソンを超える天才といわれ(る予定だっ)たバカボンのパパは、自分の頭の中でスーパーコンピューターのすべての部品が組み合わさり、それが動く様子がイメージできたため、本物のスーパーコンピューターと全く同じ答えを出すことができた。にもかかわらず、バカボンのパパの学校時代の成績は悪かった。幼少期にくしゃみをしたはずみにスーパーコンピューターの部品の一つであるイメージの歯車が頭の外へと転げ出てしまい、バカになってしまったため。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P135)

☆筒井康隆には、バカボンのパパの出てくる作品がある。(『悪魔を呼ぶ連中』)

【関連情報】

天才バカボン』(Wikipedia

おそ松くん・バカボン…「ギャグの神様」赤塚不二夫さん死去』(読売新聞)

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

一行知識209

★液体人間は犠牲者が自分の体に溶けていないと、その味覚を感じることができない。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の世界』P183)

【関連情報】

美女と液体人間』(Wikipedia

『アルカリ味、電気の味って、どんな味のことだったんだろう』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

『金色のガッシュ!!』原画紛失事件 井上和郎『アンデッド』バージョン

「肉体だけは生きていても心は死んでる漫画雑誌は、編集者が漫画家や漫画原稿を大切にしなくなると、腐敗が一気に進んで消滅してしまうそうね……雷句クンはこれ以上腐敗が進まないよう、わざと小学館につらくあたってくれたんでしょ?」

「ち、違う!違うよ!!オ…オレは別にそんな…」

「…優しいね、雷句くん…」

【関連情報】

『雷句誠が小学館を提訴まとめ』

『井上和郎』(Wikipedia

『週刊ヤングサンデー』(Wikipedia

漫画の原画の価値は? 「金色のガッシュ!!」訴訟で作者が意見陳述』(産経ニュース)

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

一行知識208

★“爆発しても髪の毛がアフロになったり顔が真っ黒になったり口と鼻から大袈裟に煙を吹き出したりするだけで体には傷一つつかない”のは台湾パイナップルだけ。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の逆襲』P63)

【関連情報】

パイナップル』(Wikipedia

『マークⅡ手榴弾』(Wikipedia

『バナナの皮』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »