« 一行知識181 | トップページ | 一行知識182 »

2008年7月 1日 (火)

『心に残る聖書の言葉』 ヤハウェさま逆上する

天使「6日間で天地を創造した造物主のヤハウェさまです。みんなもよろしくー」
天使「ヤハウェさまの事でみんなにはちょっと気を付けてほしい事がありまして、何と言ったらいいか、えっと、その……彼はいわゆるツンデレなんです」
ヤハウェ「初めまして。こうして皆さんの前に立ってみると皆の顔が皆ひとまとめにして焼いてしまう以外どうしようもない毒まみれの麦の束にしか見えません。こんなのをわざわざ造ろうと思い立った7日前の自分にオロカモノメと言いはなってやりたいです」
天使「こんな事言ってるけどみんな気にしないでねー」

義人と仲良くしたいとか好きだと思った時に普通の神とは逆に攻撃的な言動や行動をとってしまうという症状が出て、しかもそれを自分では抑えられなくなってしまうヤバい神様、それがヤハウェさま。
そんなヤハウェさまに好かれたがためにとんでもない試練に巻き込まれてしまう義人ヨブ。

ヨブの友人「聞かせろよ。あれからヤハウェさまと一体どんな進展があったのか」
ヨブ「別に何もねーっての。もーアイツとは係わらないようにするって決めたんだよ。アイツは何一つ悪いことをしていない俺の財産をメチャクチャにして俺を変な病気にして見舞いにも一度も来なかったんだぞ。あいつが神で絶対者じゃなかったらドツキ合いしてはり倒してるところだぜ?」
ヨブの友人「ちょ、待てよお前。この前お前とヤハウェさまの事を巻物に書いたらスゲエ大反響だったんだぞ。これから先お前がヤハウェさまとの関係を進展させてくんねーと俺の方が困るんだよ。上手くすりゃ本になって世界最大のベストセラーに……」
ヨブ「だから訳分かんねっての!」

ヨブ「突然だがヤハウェよ。実は俺お前の事が大好きだった――らしい。お前がヤル気ならドツキ合い、もとい問答に付き合ってくんねーか」
ヤハウェ「……アンタ、何言ってんの……?」

A ヨブがヤハウェさまに嫌われていた場合の問答の答
「神のはかりごとを暗くする無知な寝言は土塊(つちくれ)に還ってから言えっての、バカ!被造物は家に帰ってクソして寝れば?」
B ヨブがヤハウェさまに好かれていた場合の問答の答
「神のはかりごとを暗くする無知な寝言は土塊(つちくれ)に還ってから言えっての、バカ!被造物は家に帰ってクソして寝れば?」

ヨブの友人「いいか。ヤハウェさまはツンデレだからお前のことが好きでも嫌いでも返事は結局同じになる。だからまあそこんとこはお前がつむじ風の中のヤハウェさまと問答しながら声色とか様子とかよーく観察してだな……」
ヨブ「あーもう本当に面倒臭え唯一神だなー。何で俺がこんな目に……!!」
(参考:アフタヌーンKC『百舌谷さん逆上する』第1巻)

【関連情報】

『ヤハウェ』(Wikipedia

『ヨブ記』(Wikipedia

『篠房六郎』(Wikipedia

 

(古賀)

« 一行知識181 | トップページ | 一行知識182 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/41699235

この記事へのトラックバック一覧です: 『心に残る聖書の言葉』 ヤハウェさま逆上する:

« 一行知識181 | トップページ | 一行知識182 »