« 『心に残る聖書の言葉』 イエス・キリストの憂鬱 | トップページ | 一行知識122 »

2008年5月 1日 (木)

一行知識121

★世界の海にいる魚は約二万種。このうち、ご隠居さんが八五郎に名前の由来を聞かれて即座に説明できるのは五百種だけ。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の世界』P122)

★イワシの語源は「イワッシ(言わっし)」。名付け親をしてもらった魚が礼に来て「ところであなたの名は?」と訊ねた時に、「わしのことはどうでも言わっし」と答えたため、こう名づけられた。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の世界』P195)

【関連情報】

『魚類』(Wikipedia

『薬缶(落語)』(Wikipedia

『八五郎』(Wikipedia

落語のあらすじ 千字寄席 『やかん』

『イワシは弱し、されど……』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

« 『心に残る聖書の言葉』 イエス・キリストの憂鬱 | トップページ | 一行知識122 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/41046959

この記事へのトラックバック一覧です: 一行知識121:

« 『心に残る聖書の言葉』 イエス・キリストの憂鬱 | トップページ | 一行知識122 »