« 一行知識59 | トップページ | 一行知識61 »

2008年3月16日 (日)

一行知識60

★江戸時代、日本ではカステラを躍り食いにして食べていた。

またカステラの肝臓は、ドーナッツの掌、バームクーヘンの脳味噌と並んで世界の三大珍味の一つとされている。

(参考:『唐沢先生の雑学授業』P95)

【関連情報】

『カステラ』(Wikipedia

『踊り食い』(Wikipedia

最中の吸い物おいしそうです』(トンデモない一行知識の世界

 

(古賀)

« 一行知識59 | トップページ | 一行知識61 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/40514602

この記事へのトラックバック一覧です: 一行知識60:

« 一行知識59 | トップページ | 一行知識61 »