« 一行知識31 | トップページ | 兄貴が八五郎を殺したのは、読み書きができなかったためである。 »

2007年12月31日 (月)

一行知識32

★進退きわまったために自らの運のつきを嘆いていた宗教改革のマルティン・ルターが、天啓により神の存在を知らされた場所は、トイレの中。

(参考:ちくま文庫『トンデモ一行知識の世界』P23)

「人間からみちびかれたと思えば腹もたつが、天のみちびきと思えば腹もたたない。これすなわち天啓だ」「なに、天啓じゃねえ。今問題になっているのは女との関係だ」 落語『天啓』

【関連情報】

『マルティン・ルター』(Wikipedia

ルターが天啓を受けたのはトイレの中じゃなくて図書館』(トンデモない一行知識の世界

落語のあらすじ 千字寄席 『天災』

 

(古賀)

« 一行知識31 | トップページ | 兄貴が八五郎を殺したのは、読み書きができなかったためである。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/17530104

この記事へのトラックバック一覧です: 一行知識32:

« 一行知識31 | トップページ | 兄貴が八五郎を殺したのは、読み書きができなかったためである。 »