« 「存在と時間」11 修羅の門バージョン | トップページ | 「存在するのが怖いので、存在にとってこわいのではない」 レヴィナス『実存から実存者へ』 »

2007年11月11日 (日)

「存在と時間」12 落語『崇徳院』バージョン

「お嬢さまにもらった『存在と時間』を読み出してからというものは、なにをみてもデカルト批判にみえる。世界内存在がデカルト批判にみえる。道具的存在がデカルト批判にみえる。掛け軸のだるまさんや横の花瓶や鉄瓶までがデカルト批判にみえる。おまえの顔までが、だんだんとデカルト批判に……」

【関連情報】

落語のあらすじ 千字寄席 『崇徳院

『ルネ・デカルト』(Wikipedia

 

(古賀)

« 「存在と時間」11 修羅の門バージョン | トップページ | 「存在するのが怖いので、存在にとってこわいのではない」 レヴィナス『実存から実存者へ』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/17044761

この記事へのトラックバック一覧です: 「存在と時間」12 落語『崇徳院』バージョン:

« 「存在と時間」11 修羅の門バージョン | トップページ | 「存在するのが怖いので、存在にとってこわいのではない」 レヴィナス『実存から実存者へ』 »