« 時計をタイムマシンとして使う | トップページ | 比較思想 »

2007年10月28日 (日)

ある天才的な技術者の話

ある非常に天才的な技術者が時計を改良してタイムマシンにしようと思い立った。

彼が時計を解体してタイムマシンに組み立て直すために必要だと思って作り上げた工具類は、非常に画期的で便利なものであり、今でも世界中の優れた技術者に重宝されている。

しかし肝心のタイムマシンだけは完成することはなかった。

 

(古賀)

« 時計をタイムマシンとして使う | トップページ | 比較思想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/16897430

この記事へのトラックバック一覧です: ある天才的な技術者の話:

« 時計をタイムマシンとして使う | トップページ | 比較思想 »