« 「走れメロス」藤田和日郎バージョン | トップページ | 太宰治「駈込み訴え」わかりやすいあらすじ »

2007年8月28日 (火)

心に残る聖書の話(ヨブ記)

「それはさておき、苦難のヨブの声に答えてつむじ風の中から返事をするヤハウェ神の対応はさすがに素早いものがありましたが、サタンの口車にまんまとのせられて義人を不幸のドン底に叩き落としたという恥ずかしい事実は消しようもなく、どうすんのかなあ。まあ、どうもしないだろうな。相手が被造物でよかったねという話で終わるのだろうな。この世に神義なんてありません」 

(参考:「美女濡れバーサーカー」(渡辺電機(株)は卑怯者だ))

相手が被造物でよかったねという話で終わりました。

「オッパイファンド」(渡辺電気(株)は卑怯者だ

【関連情報】

『ヨブ』(Wikipedia

『ヤハウェ』(Wikipedia

 

(古賀)

« 「走れメロス」藤田和日郎バージョン | トップページ | 太宰治「駈込み訴え」わかりやすいあらすじ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/16261227

この記事へのトラックバック一覧です: 心に残る聖書の話(ヨブ記):

« 「走れメロス」藤田和日郎バージョン | トップページ | 太宰治「駈込み訴え」わかりやすいあらすじ »