« 「えへん、これが怪獣供養のための怪獣の戒名だ」「『官許、伊勢浅間、霊宝万金丹』…なんだね、こりゃあ薬の袋じゃねえか。もしこれが戒名だとすると、この伊勢浅間というのは一体どういう意味だ?」 | トップページ | 「おおきく振りかぶって」久米田康治バージョン »

2007年8月17日 (金)

「バラージ?バラージなんてまだもらったことがねえ」「あれ、バラージをもらう気でいやがる。ずうずうしいったらありゃしねえ…バラージってのはノアの箱船が流れ着いたアララト山のそばにあったという伝説の都だ」「ふーん、そいつは初耳だ」

「ところでマンのところじゃ、青い石をバラージにいつ持ってったい?」「光陰矢のごとしと言うが月日のたつのは早いもんだ。あれはおれがノアの神と呼ばれていたころだから、指折り数えて五千年にならあ」「五千年…中国茶の歴史だな、まるで」 落語『バラージの青い石』

【関連情報】

『アントラー』(Wikipedia

『ノアの方舟』(Wikipedia

落語のあらすじ 千字寄席 『長屋の花見』

 

(古賀)

« 「えへん、これが怪獣供養のための怪獣の戒名だ」「『官許、伊勢浅間、霊宝万金丹』…なんだね、こりゃあ薬の袋じゃねえか。もしこれが戒名だとすると、この伊勢浅間というのは一体どういう意味だ?」 | トップページ | 「おおきく振りかぶって」久米田康治バージョン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/16139216

この記事へのトラックバック一覧です: 「バラージ?バラージなんてまだもらったことがねえ」「あれ、バラージをもらう気でいやがる。ずうずうしいったらありゃしねえ…バラージってのはノアの箱船が流れ着いたアララト山のそばにあったという伝説の都だ」「ふーん、そいつは初耳だ」:

» 7 バラージの青い石 [光の国から愛をこめて]
南川 竜・金城哲夫 野長瀬三摩地 高野宏一 「中近東に巨大な隕石が落下し、それ以来不思議な事件が次々と起こっている。 科学特捜隊パリ本部から、連絡員のジムがやってきた。 その話によれば、パリ本部に、トルコ・インド両支部に調査隊を派遣したが いずれ... [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 21時31分

« 「えへん、これが怪獣供養のための怪獣の戒名だ」「『官許、伊勢浅間、霊宝万金丹』…なんだね、こりゃあ薬の袋じゃねえか。もしこれが戒名だとすると、この伊勢浅間というのは一体どういう意味だ?」 | トップページ | 「おおきく振りかぶって」久米田康治バージョン »