« 絶望落語『寝床』 | トップページ | 「ミロガンダにしてはお若く見える。どう見ても幼生だ」 »

2007年8月11日 (土)

絶望落語『寝床』古今亭志ん生バージョン

毎度ばかばかしい絶望を一席。

「わたしはただの家主とはちがい、きちんと義太夫の会をひらいてこの長屋の役に立ちたいと思っている」

「……何もしないでくださるのが一番ありがたいのですが」

「先生…じゃなかった、番頭の茂造さん。小森さんは旦那さまの義太夫と聞いただけで長屋に引きこもって出てきません」

「う、うらやましいですね、小森さんは……あいにく私は子どものときから薬一服いただかないという因果な性分です。絶望した!健康な体が災いする社会に絶望した!」

「この国の義太夫は何だかおかしいよ。訴えてやる!」

「旦那さまの義太夫はこの国でもおかしいんです」

「めるめるめる(『ヘタクソ!』)」

「ソンナコトナイ。ダンナサマノギダユウトテモウマイ。特ニオサシミ」

「私、オナガドリのしっぽから作った酔い止めの薬を持ってきたわ。あなたは何か用意してきた?」

「耳栓を」

「普通…」

「普通って言うなあ!」

「旦那さまの義太夫が蔵の中でぐるぐる渦を巻いてたまりません。私はドイツに逃げますので非通知でお願いします!」

【関連情報】

『古今亭志ん生(5代目)』(Wikipedia

 

(古賀)

« 絶望落語『寝床』 | トップページ | 「ミロガンダにしてはお若く見える。どう見ても幼生だ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/16073496

この記事へのトラックバック一覧です: 絶望落語『寝床』古今亭志ん生バージョン:

« 絶望落語『寝床』 | トップページ | 「ミロガンダにしてはお若く見える。どう見ても幼生だ」 »