« 「坊つちやん」荒木飛呂彦バージョン | トップページ | 「神は妄想である」久米田康治バージョン »

2007年8月23日 (木)

「神は妄想である」祭丘ヒデユキバージョン

「オレは無神論者だぞ!この世界に初めて出現したブライト運動の推進者にして神を否定する者。超偏向イデオロギストだ!オレは利己的遺伝子の命令で戦っている!不可知論などという日和見主義のためではない!グールドごときと一緒にするな!!!」(ドーキンス)

久しぶりにチャンピオンREDに『シャングラッド神紀』(祭丘ヒデユキ)の第三話がのっておりました。インド神話風異世界を舞台にあばれまわる過激な無神論者の話で、ドーキンス先生との些細な違いは「現実に神を殺しまくる」という点だけです。今回はギャグは少なめ。

【関連情報】

『リチャード・ドーキンス』(Wikipedia

『ブライト運動』(Wikipedia

『今日の漫画日記(11/26)』(笛育市更新日記)

 

(古賀)

« 「坊つちやん」荒木飛呂彦バージョン | トップページ | 「神は妄想である」久米田康治バージョン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/16205602

この記事へのトラックバック一覧です: 「神は妄想である」祭丘ヒデユキバージョン:

« 「坊つちやん」荒木飛呂彦バージョン | トップページ | 「神は妄想である」久米田康治バージョン »