« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

「やっぱりネットワーカーに対して訴訟を起こすのは寝た子を起こすということでおそろしゅうございますか」「おそろしかあねえけどこわいじゃねえか」「同じですよ、それじゃ」落語『宿屋の仇討ち』

『唐沢俊一&漫棚ケース』(大石英司の代替空港)

これは今まであちこちで出た論点を綺麗にすくいあげた感じで良くまとまっています。

唐沢さんの人格面とかそういうことについては()に括ってしまっているため、意見が客観的に感じられるところが良いです。

【関連情報】

『大石英司』(Wikipedia

落語のあらすじ 千字寄席 『宿屋の仇討ち』

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

盗みに入られた方が泥棒を脅して金をせしめる落語は有名どころでは『夏どろ』とかありますが

泥棒が被害者に「俺が盗んだことをバラしたら訴えるぞ」と脅す落語は流石に知りません。

泥棒が被害者に「俺が盗んだことをバラしたら訴えるぞ」と脅すベイエリア在住町山智浩アメリカ日記

>勝手に人の文章をごっそり盗んでおいて、被害者を恫喝するのは

>いくらなんでもマズいだろう。

【関連情報】

落語のあらすじ 千字寄席 『夏どろ』

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

「今度は何をする気なんだ、KSとGT。言っとくが押し込み強盗のマネだけは勘弁な。あと脅迫も」「何言ってんの?そんなことするわけないじゃないの」「では新書に載っているその他人のブログは何だ」「平和裏に寄付してくれたものよ」(参考:『涼宮ハルヒの憂鬱』)

漫棚通信さんと唐沢俊一さん&幻冬舎の例の盗作(疑惑)についての交渉が決裂しました。

「これは盗作とちゃうんかいっ 決裂篇」(漫棚通信ブログ版)

> 唐沢俊一氏および幻冬舎は、合意できていたことを簡単に

>ひるがえして同じところをどうどうめぐりするばかり。さらには

>自分たちの意に染まない発言は、「法的措置」で押さえ込も

>うとする。これでは、これ以上メールで交渉を続けても得る

>ものはないと判断しました。

> わたしは、メールでの交渉継続を断念を伝え、これまでの

>交渉でのわたしの同意をすべて撤回しました。今後、唐沢

>俊一氏および幻冬舎のおこすアクションはすべて、わたしの

>意思に反しておこなわれることであります。

> おそらく、唐沢俊一氏と幻冬舎はテキトーな謝罪文をちょっ

>との間だけアップして、あとは知らんぷりするつもりなのでし

>ょうが、もしそれがなされたとしても、わたしの同意を得た

>ものではありません。

唐沢俊一さんと幻冬舎のやり方は何となく変則的という感じがしますね。

(注・これを大陸諸国の言葉に翻訳するとこうなる。――「このど腐れ野郎どもをぐるぐる巻きにしてアダムスキー型UFOにのせて超高空から蹴落としてやれ!」)(参考:ジョージ・ミケシュ『英国人入門』)

【関連情報】

ネット上の文章と酷似する『新・UFO入門 日本人は、なぜUFOを見なくなったのか』(唐沢俊一著)を巡って

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

情報屋も新種デジモンも鬼太郎も出てきません。(魔女は出てきた)

実は昨日はじめて細田守版時かけを見ました。評判にたがわぬ面白さでした。

でも真琴が歴史を改変するたびに「あっ、時間犯罪者」と思ってしまう。

【関連情報】

『細田守』(Wikipedia

『時をかける少女(アニメ映画版)』(Wikipedia

『時間犯罪』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

「今夜0時、あなたの所有する『ぎりぎり合格への論文の涙』を無断で引用するため参上いたします」「はっ、これは怪人幻盗者の予告状!」

日垣隆の盗作事件を検証する日垣隆のシャラップ!である

これは盗作とちゃうんかいっ・これは困った篇(漫棚通信ブログ版)

「ワハハハ…見事だ。よくぞ、わが社の(本の)盗作を見破った。しかしまだこの俺様にはとっておきの切り札があるのだよ。時間稼ぎという奥の手がね!」

すでにシリーズ推理ものと化しています。幻冬舎の盗作(疑惑)問題。

【関連情報】

『怪人二十面相』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

「町内の旦那衆、見回りの役人に対して 『酒は風邪薬』と問題発言」

麻生氏失言:政権タガ外れ露呈「安倍後継」レースに影響?

>20日、鳥取県倉吉市での演説でも「酒は『きちがい水』だとか

>何とか皆言うもんだから、勢いとかいろんなことありますよ」

>などと、またもや問題表現を口にした。

「風邪薬」とか「水カステラ」とか「小便」とかならいいですかね。

【関連情報】

酒はキチガイ水、その通りです。』(脳内新聞(ソース版)

落語のあらすじ 千字寄席 『二番煎じ』

落語のあらすじ 千字寄席 『禁酒番屋』

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

「おい、鉱物愛好家。これは一体なんだ」「石(意趣)返し」

伊藤トカトントニズム

>そのうえで「君らが見るようなサイトはだいたい

>こっちは見てますから、コピペするとすぐわかり

>ますよ」と注意しました。人様のブログをその

>まんま貼るようなナサケナイまねをしたら、そりゃ

>単位は出せません。姑息に語尾いじってごまかそう

>とかそういうのも当然NG

こういうのって検索にはひっかからないんですよね。

【関連情報】

落語のあらすじ 千字寄席 『返し

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

西尾維新の『刀語』はわりと面白い。

山田風太郎好きにすすめると「底が浅い」と言われそうな気がしますが、まあそれはそれで。

  

【関連情報】

『西尾維新』(Wikipedia

『山田風太郎』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

ブログどうして物語 「Q 今週の社会派くんは未決着の案件についての熱い応酬がカットされていて何だかわかりません。どうにかしてください」「A どうにもなりません。なぜって上からの圧力で(笑)」

村崎百郎 一大本営発狂 電波妄想戦記

>すったもんだの第三者による検閲の

>あげく、遅れに送れた上に諸般の事情

>とやらで一部不掲載になった社会派対談

>の今月号が、ようやく明日あたり更新

>予定らしいが、そういう配慮のし過ぎと

>しか思えない、くだらねえ外圧に関して、

>個人的にだんだん腹が立ってきたので、

>ここに対談で削除されたオレの基本的

>な立場と態度を、社会正義とは全く無縁

>な「鬼畜言論人」として明確に表明して

>おく。サンプリング元を表示しない

>サンプリングは、どんな言い訳を言っても

>パクリと判断されてしようがないし、今回

>の「某件」とやらは、誰が見ても120

>全面的に唐沢俊一側に非があると

>思うし、全面的に謝罪するのが筋だろう。

未だに日本ではGHQによる検閲が行われているのですね。

【関連情報】

社会くんが RETURNS

『GHQ』(Wikipedia

『検閲』(Wikipedia

破天荒世界

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

「しもた。そんなやったらUFOで来たらよかった」

落語であれば、もうそろそろ胴乱幸助が仲裁にはいって料理屋で一杯やって仲直りという頃合いですが、あまり進展が見られないようです。唐沢俊一さんの盗作問題。

【関連情報】

『胴乱の幸助』(Wikipedia

「これは盗作とちゃうんかいっ だらだら篇」(漫棚通信ブログ版)

村崎百郎 一大本営発狂 電波妄想戦記

唐沢俊一『新・UFO入門(幻冬舎)』盗作騒動に関するグーグル八分?悪徳商法?マニアックス ココログ支店)

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

たったひとつの冴えたやり方

「チャーリーとチャーリー」(渡辺電機(株)は卑怯者だ)

>この事件、唐沢氏がサッサと全面平謝りしてこれを

>機に漫棚通信氏と徹底的に仲良くなってしまうのが

>一番良かったと思うのだが、結局ビジネスのプロが

>介入することで、唐沢氏は名前にも心にも一生消え

>ない傷を背負ってしまった。

泥棒と泥棒にはいられた方が仲良くなるというと、落語でいえば『締め込み』でしょうか。

「これを機会にまたちょくちょく」

「冗談じゃねえ。またちょくちょくやられてたまるか。」

【関連情報】

落語のあらすじ 千字寄席 『締め込み』

「これは盗作とちゃうんかいっ だらだら篇」(漫棚通信ブログ版)

ミステリー作家・藤岡真のみのほど知らずの、なんでも評論

ネット上の文章と酷似する『新・UFO入門 日本人は、なぜUFOを見なくなったのか』(唐沢俊一著)を巡って

『唐沢俊一』(Wikipedia

『盗作』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月12日 (木)

「TSとして有名なTGのKS氏が」「何のことだかさっぱりわからねえ」「そうだろう。俺だってわからねえ」

「これは盗作とちゃうんかいっ だらだら篇」(漫棚通信ブログ版)

>わたしがブログに書いた記事が、KS氏によってGT社発行の

>新書に盗用された事件につきまして、KS氏およびGT社との

>交渉はあいかわらずだらだらと続いております。

>なんでこんなイニシャルだらけの文章になっているかといいます

>と、KS氏とGT社担当者Y氏より、わたしの書く文章に今後固有

>名詞を出してくれるな、という要望があったからでして、いやね、

>わたしはそんなことやっても意味ないし、かえってヘンですよ、と

>言ったんですけどね、これ次回も続けることになるのでしょうか。

一種の言霊信仰でしょうか。

 

ちなみにKS氏が唐沢俊一さんで、GT社が幻冬舎です。

【関連情報】

『言霊』(Wikipedia 

  

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

「まさかこんなところにメトロン星人が出てくるとは思わなかった」

「あなたに義侠心というものがあるなら自動販売機に煙草を入れに来る男の正体を教えてください」「なるほど君の言わんとするところが大体見当がつきました。君はこう言いたいのでしょう。『まるでキチガイ病院だ!』と」「悪質な侵略はよしてください。地球人は自滅するかも知れないのですよ」

 

それから彼らがどうしたかというと、実はまだ北川町のアパートにいるのです。

つげ義春『狙われた街』(参考:『ねじ式』)

  

メトロン星人というのは、実は×(ばつ)トロン星人の誤植です。

【関連記事】

大賞は「メトロン星人」 セブン40周年

【関連情報】

『メトロン星人』(Wikipedia

『ねじ式』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

今日の更新情報(7/1)

★笛育蔵(嘘倉庫)更新しました。

ことわざ『はれぶたに触るよう』

http://fueiku.cocolog-nifty.com/kura/

何ごともなかったかのようにサクサクと。

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

今日の没嘘ニュース

久間防衛相が「原爆をどこかの国が落としたと思えば腹も立つが天が落としたと思えば腹も立たない。これすなわち天災だ」と発言したことに対し、広島県被団協の畠山裕子事務局次長は「原爆の怖ろしさが日本政府に良く伝わっていない。うちに来たのは天災じゃねえ、戦災だ」と述べた。

こうした声を受けて社民党の福島党首は「どうだい、みんな。野郎が寝ている間に枕元に買ってきた核爆弾を並べてこわがらせて辞任に追い込むというのはどうだ?」と発表。民主党の菅代表代行も島根県出雲市で、「げんぱくなすび(玄白なすび)は一口にかぎりやす」と述べた。

【関連記事】

原爆投下「しょうがない」久間発言、野党が辞任求める構え

【関連情報】

落語のあらすじ 千字寄席 『天災』

落語のあらすじ 千字寄席 『まんじゅうこわい

落語のあらすじ 千字寄席 『豆腐

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ご隠居さん、レッドキングはなぜ赤くないのにレッドキングって言うんですか?」

「あれは海老と同じで普段は赤くないが茹でれば赤くなる」「ふーん、そうなんですか。でもあんなでっかいものを茹でる鍋なんかあるんですか?」「お前は神社の鳥居はどうやって赤くしたと思ってるんだ?」 落語『怪獣無法地帯』

普通の怪獣より3ば…いや、何でもありません。

【関連情報】

『レッドキング』(Wikipedia

『赤』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »