« 「兄貴、本当に古代人の残したこの金属板の文字が読めるのか?」 | トップページ | 今日の更新情報(6/8) »

2007年6月 6日 (水)

そこに視点をおいた、新たな恐竜を育てられたらな、とずっと思っていました。決してマニア向けでなく、本当に恐竜に関しては通り一遍のことしか知らない人に、「恐竜に踏みつぶされるってこんなにスリリングだったんだ」と思ってもらえるような。

私の育てあげた恐竜がゴジラと酷似しているという指摘が少年グラフの方からなされました。

悪意または盗用という意はまったくありませんが、15年間たった一人でジラースを育て上げるにあたって、古生物学の権威である山根博士の著作を大いに参考にさせていただいたことは事実ですし、山奥の静かな湖に棲む恐竜という性格上、参考にさせていただいた海中に棲むジュラ紀の生物と非常な類似点が出てしまったことも事実です。当方の不注意と認識不足の結果であり、まことに申し訳ありません。 (二階堂教授)

唐沢俊一『謎の恐竜基地』(参考『新・UFO入門』(幻冬舎新書)☆読者へのお知らせ・続唐沢俊一ホームページ

【関連情報】

『ジラース』(Wikipedia

これは盗作とちゃうんかいっ」通信ブログ

■[本] 唐沢俊一氏の「盗作」が発覚した件(Something Orange

 

(古賀)

« 「兄貴、本当に古代人の残したこの金属板の文字が読めるのか?」 | トップページ | 今日の更新情報(6/8) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/15338012

この記事へのトラックバック一覧です: そこに視点をおいた、新たな恐竜を育てられたらな、とずっと思っていました。決してマニア向けでなく、本当に恐竜に関しては通り一遍のことしか知らない人に、「恐竜に踏みつぶされるってこんなにスリリングだったんだ」と思ってもらえるような。:

« 「兄貴、本当に古代人の残したこの金属板の文字が読めるのか?」 | トップページ | 今日の更新情報(6/8) »