« 挨拶をしたうちに第8銀河系から来たなにがしと云うのがいた。妙に女のような優しい声を出す異星人だった。尤も驚いたのはこの放射能の霧の中をフロックコート1枚で歩き回っている。異星人だけに御苦労千万な服装をしたものだ。 | トップページ | 「ジョワッ(訳:昔石川五右衛門てえ人は油の煮えたぎる釜の中で平然と辞世の句を詠んでらあ。八百屋お七やジャンヌ・ダルクやジョルダーノ・ブルーノを見てみろい、火あぶりだ。このぐらいの怪獣の熱さなんてそれにくらべれば…石川…お七…ジャンヌ…石川五右衛門……うわっ!)」(我慢できず怪獣を払いのけるしぐさ) »

2007年5月 8日 (火)

『小一の半数、「八つあん」読めない…小学生の漢字修得度調査』

小学1年生は漢字が苦手で半数近くが「八つあん」を読めず、約3割が「寿限無」を最後まで言えないことが7日、教員や大学教授らでつくる「日本教育技術学会」の漢字習得度調査で分かった。小3以降では、「一つ、二つ、三つ、四つ、五つ、六つ、七つ、八つ」などの数をきちんと読める子供は90%と多かったが、途中で時間を聞いて小銭をくすねることができる子供はわずか13%しかいないことも判明した。

http://www.sankei.co.jp/kyouiku/gakko/070507/gkk070507000.htm

(古賀)

« 挨拶をしたうちに第8銀河系から来たなにがしと云うのがいた。妙に女のような優しい声を出す異星人だった。尤も驚いたのはこの放射能の霧の中をフロックコート1枚で歩き回っている。異星人だけに御苦労千万な服装をしたものだ。 | トップページ | 「ジョワッ(訳:昔石川五右衛門てえ人は油の煮えたぎる釜の中で平然と辞世の句を詠んでらあ。八百屋お七やジャンヌ・ダルクやジョルダーノ・ブルーノを見てみろい、火あぶりだ。このぐらいの怪獣の熱さなんてそれにくらべれば…石川…お七…ジャンヌ…石川五右衛門……うわっ!)」(我慢できず怪獣を払いのけるしぐさ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/15003831

この記事へのトラックバック一覧です: 『小一の半数、「八つあん」読めない…小学生の漢字修得度調査』:

« 挨拶をしたうちに第8銀河系から来たなにがしと云うのがいた。妙に女のような優しい声を出す異星人だった。尤も驚いたのはこの放射能の霧の中をフロックコート1枚で歩き回っている。異星人だけに御苦労千万な服装をしたものだ。 | トップページ | 「ジョワッ(訳:昔石川五右衛門てえ人は油の煮えたぎる釜の中で平然と辞世の句を詠んでらあ。八百屋お七やジャンヌ・ダルクやジョルダーノ・ブルーノを見てみろい、火あぶりだ。このぐらいの怪獣の熱さなんてそれにくらべれば…石川…お七…ジャンヌ…石川五右衛門……うわっ!)」(我慢できず怪獣を払いのけるしぐさ) »