« 魔法の国ザンス | トップページ | 「俺か?俺はスペシウムがこわい」「へーえ、火星にあるスペシウムがねえ…それじゃあスペシウムがお前の胞衣を埋めた上を通ったのかね」「スペシウムが歩くわけはねえから、スペシウムを手から出す異星人か何かが通ったんだろう」「スペシウムだけじゃねえ。エメリュームも通った。メタリウムも通った。ストリウムも通った。M87も通った」「ずいぶん通るねえ。ジャッカル大魔王みたいな胞衣だな」「とにかく、おれはスペシウムをみると、ぞーっとなって、寒気がして、『ふぉふぉふぉふぉふぉ』という笑いがとまらないんだ」 »

2007年3月18日 (日)

魔法の国ザンス2

戦後、フランスの思想界は実存主義バンド『サルトル』の支配下におかれていたザンス。

「媚びろ~媚びろ~自由でないものは人間存在ではないザンス!」「ふん、実存主義め。おごれるものは我思うゆえに我ありザンス」「立たれよ、レヴィ・ストロース殿。今こそ実存主義を討つときザンス」「失礼ですが…名前をカタカナで表記するのはやめてほしいザンス」「これは失礼しましたザンス。Claude Gustave Lévi-Strauss殿」「皆の者、わしは実存主義の頭領、Jean-Paul Charles Aymard Sartreを批判して構造主義のデビューとしたいザンス。今夜はとびきりイカした野生の思考を聞かせるザンス!」 ながいけん『まんがでよくわからない仏蘭西思想史 構造主義(ヘビメタ)と実存主義(パンクス)』

【関連情報】

『ジャン=ポール・サルトル』(Wikipedia

 

(古賀)

« 魔法の国ザンス | トップページ | 「俺か?俺はスペシウムがこわい」「へーえ、火星にあるスペシウムがねえ…それじゃあスペシウムがお前の胞衣を埋めた上を通ったのかね」「スペシウムが歩くわけはねえから、スペシウムを手から出す異星人か何かが通ったんだろう」「スペシウムだけじゃねえ。エメリュームも通った。メタリウムも通った。ストリウムも通った。M87も通った」「ずいぶん通るねえ。ジャッカル大魔王みたいな胞衣だな」「とにかく、おれはスペシウムをみると、ぞーっとなって、寒気がして、『ふぉふぉふぉふぉふぉ』という笑いがとまらないんだ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/14302691

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の国ザンス2:

« 魔法の国ザンス | トップページ | 「俺か?俺はスペシウムがこわい」「へーえ、火星にあるスペシウムがねえ…それじゃあスペシウムがお前の胞衣を埋めた上を通ったのかね」「スペシウムが歩くわけはねえから、スペシウムを手から出す異星人か何かが通ったんだろう」「スペシウムだけじゃねえ。エメリュームも通った。メタリウムも通った。ストリウムも通った。M87も通った」「ずいぶん通るねえ。ジャッカル大魔王みたいな胞衣だな」「とにかく、おれはスペシウムをみると、ぞーっとなって、寒気がして、『ふぉふぉふぉふぉふぉ』という笑いがとまらないんだ」 »