« 「むこうの棚からちょいと出ているのはなんだい?」「これか?これはゴジラを倒したオキシジェン・デストロイヤーだよ」「どれどれ……こりゃあ面白い形のオキシジェン・デストロイヤーだ。食べるのはもったいない。床の間の置物にするといいから、もらっておこう」「ばかなことをいうない。オキシジェン・デストロイヤーを床の間の置物にするやつがあるものか」「まあまあ、そんなことをいわないで、気前よくくれるもんだよ。こういうことをしておけば、おまえさんもゆくゆくはオキシジェン・デストロイヤー問屋になることうたがいなし」 | トップページ | 「気にいらない客を追い出すために塩をまいた――何という男気のある職人だ。よし、この男の魂と姿をモデルにしよう」 »

2007年3月 7日 (水)

帰ってきた『心に残る聖書の言葉』

「もしあなたが本当に神の子であるなら、ここにある石がすべてパンになるように命じてごらんなさい」

「人はパンのみにて生きるにあらず。サタンよ、退け」

「まあまあ、ここは3人で手分けをして各自三分の一ずつここにある石をパンに変えるというのはどうじゃ。キリストは起こさなくてもすむ奇跡を三分の一起こしてしまったから損、サタンはキリストを試みるだけのつもりだったのに自分も奇跡を三分の一起こさなくてはならなくなったから損、この越前もこんな異国の地で三分の一奇跡を起こすはめに陥ってしまったから損、これすなわち三方三分の一損じゃ」

この大岡さばきは、神も悪魔も人間も三方傷つかない名おさばきとして今も世に残っています。

 

(古賀)

« 「むこうの棚からちょいと出ているのはなんだい?」「これか?これはゴジラを倒したオキシジェン・デストロイヤーだよ」「どれどれ……こりゃあ面白い形のオキシジェン・デストロイヤーだ。食べるのはもったいない。床の間の置物にするといいから、もらっておこう」「ばかなことをいうない。オキシジェン・デストロイヤーを床の間の置物にするやつがあるものか」「まあまあ、そんなことをいわないで、気前よくくれるもんだよ。こういうことをしておけば、おまえさんもゆくゆくはオキシジェン・デストロイヤー問屋になることうたがいなし」 | トップページ | 「気にいらない客を追い出すために塩をまいた――何という男気のある職人だ。よし、この男の魂と姿をモデルにしよう」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/14180128

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた『心に残る聖書の言葉』:

« 「むこうの棚からちょいと出ているのはなんだい?」「これか?これはゴジラを倒したオキシジェン・デストロイヤーだよ」「どれどれ……こりゃあ面白い形のオキシジェン・デストロイヤーだ。食べるのはもったいない。床の間の置物にするといいから、もらっておこう」「ばかなことをいうない。オキシジェン・デストロイヤーを床の間の置物にするやつがあるものか」「まあまあ、そんなことをいわないで、気前よくくれるもんだよ。こういうことをしておけば、おまえさんもゆくゆくはオキシジェン・デストロイヤー問屋になることうたがいなし」 | トップページ | 「気にいらない客を追い出すために塩をまいた――何という男気のある職人だ。よし、この男の魂と姿をモデルにしよう」 »