« 「気にいらない客を追い出すために塩をまいた――何という男気のある職人だ。よし、この男の魂と姿をモデルにしよう」 | トップページ | 「津軽に生まれし者は津軽に帰れ」 不完全な自殺回路を持つ人造人間失格津島修治はトカトントンの音を聞くと何ともはかない馬鹿らしい気持ちになってしまうという弱点があった。 »

2007年3月13日 (火)

太宰治のスーパー短編「オートリバースエンドレスリフレインリピート・トカトントン」はおんなじ音ばっかりなので気が沈む ながいけん『高等遊民谷の攻防』

特に深い意味もなく思いついたネタを。

【関連情報】

『トカトントンとは』

 

(古賀)

« 「気にいらない客を追い出すために塩をまいた――何という男気のある職人だ。よし、この男の魂と姿をモデルにしよう」 | トップページ | 「津軽に生まれし者は津軽に帰れ」 不完全な自殺回路を持つ人造人間失格津島修治はトカトントンの音を聞くと何ともはかない馬鹿らしい気持ちになってしまうという弱点があった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/14251998

この記事へのトラックバック一覧です: 太宰治のスーパー短編「オートリバースエンドレスリフレインリピート・トカトントン」はおんなじ音ばっかりなので気が沈む ながいけん『高等遊民谷の攻防』:

« 「気にいらない客を追い出すために塩をまいた――何という男気のある職人だ。よし、この男の魂と姿をモデルにしよう」 | トップページ | 「津軽に生まれし者は津軽に帰れ」 不完全な自殺回路を持つ人造人間失格津島修治はトカトントンの音を聞くと何ともはかない馬鹿らしい気持ちになってしまうという弱点があった。 »