« ある男が白くてぶよぶよして目がひとつついていてぴょんぴょんはねる変な生物を見つけたのだが何という名前かわからない。そこへ通りがかった1人の翻訳家が「これはゴセシケでございます」と言って褒美をもらっていった。 | トップページ | 「きょうのくやみぐらいやりにくいのはなかったですよ。なにしろ、くやみをいっている途中でひょいと前をみると、仏さまがコカインをうちながら、じいっとあたしをにらんでるじゃありませんか。どうもコカインをやっている人のくやみってものはじつにいいにくいもので…」 »

2007年2月24日 (土)

戦国武将に学ぶ言いがかりのテクニック

「この国語辞典の53頁に『家』の字があり、なぜかそこからはるか1165頁も離れたところに『康』の字があるのは、辞典の編者が徳川家が滅ぶよう家康様の名前を分断して、できるだけ遠くに離して呪詛をかけているからに間違いあるまい。いやいや、『単なるあいうえお順』だからなどと見えすいた言い訳は聞く耳持たぬ」

【関連情報】

『徳川家康』(Wikipedia

(古賀)

« ある男が白くてぶよぶよして目がひとつついていてぴょんぴょんはねる変な生物を見つけたのだが何という名前かわからない。そこへ通りがかった1人の翻訳家が「これはゴセシケでございます」と言って褒美をもらっていった。 | トップページ | 「きょうのくやみぐらいやりにくいのはなかったですよ。なにしろ、くやみをいっている途中でひょいと前をみると、仏さまがコカインをうちながら、じいっとあたしをにらんでるじゃありませんか。どうもコカインをやっている人のくやみってものはじつにいいにくいもので…」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/14028830

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国武将に学ぶ言いがかりのテクニック:

« ある男が白くてぶよぶよして目がひとつついていてぴょんぴょんはねる変な生物を見つけたのだが何という名前かわからない。そこへ通りがかった1人の翻訳家が「これはゴセシケでございます」と言って褒美をもらっていった。 | トップページ | 「きょうのくやみぐらいやりにくいのはなかったですよ。なにしろ、くやみをいっている途中でひょいと前をみると、仏さまがコカインをうちながら、じいっとあたしをにらんでるじゃありませんか。どうもコカインをやっている人のくやみってものはじつにいいにくいもので…」 »