« 「ここが嘘つきの名人ばかりが住む国だと聞いたんだが…総書記さまは家にいるかい?」 | トップページ | 「へえ、じつは、オタクが昨晩なくなりました」 »

2007年1月 5日 (金)

「針の山の南、血の池が湧き出ているというだけで、他には何一つとるところの無い、つまらぬ地獄である。」

「こんなところは旅賃も安いだろうという理由だけで、私はその索漠たる地獄を選んだ」 太宰治『地獄八景』

落ちは主人公を飲み込んだ閻魔大王が腹の中でいろいろな筋を引っ張られて閉口し、「太宰はいらん。下剤をくれ」と言う地口落ち。

その後、閻魔の尻の穴から脱出した主人公が「うまく出てきてすみません」という別バージョンの落ちもあり。

(古賀)

« 「ここが嘘つきの名人ばかりが住む国だと聞いたんだが…総書記さまは家にいるかい?」 | トップページ | 「へえ、じつは、オタクが昨晩なくなりました」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/13346267

この記事へのトラックバック一覧です: 「針の山の南、血の池が湧き出ているというだけで、他には何一つとるところの無い、つまらぬ地獄である。」:

« 「ここが嘘つきの名人ばかりが住む国だと聞いたんだが…総書記さまは家にいるかい?」 | トップページ | 「へえ、じつは、オタクが昨晩なくなりました」 »