« 今日の更新情報(1/2) | トップページ | 「てまえ、幼少の折りからセリヌンティウスが拙者のことを疑うたびに音高く頬を張りとばしておりましたので、これこのとおりの状態でござる」 »

2007年1月 3日 (水)

バレばなし

画家の先生を呼んで来て、壁に可愛い女の子を描いてもらった八五郎。「壁から女の子が出てきたつもり…やわらかい敷物に寝かせたつもり…優しくするからねと言い聞かせたつもり…自前の槍を手に取ったつもり…シュッシュとしごいたつもり…エイヤッと下腹を突いたつもり」覗き穴から八五郎の様子を見ていた泥棒、思わず「あイタタタタ、血がだくだくと出たつもり」 落語『だくだく』

【関連情報】

落語のあらすじ 千字寄席 『だくだく』

(古賀)

« 今日の更新情報(1/2) | トップページ | 「てまえ、幼少の折りからセリヌンティウスが拙者のことを疑うたびに音高く頬を張りとばしておりましたので、これこのとおりの状態でござる」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/13315817

この記事へのトラックバック一覧です: バレばなし:

« 今日の更新情報(1/2) | トップページ | 「てまえ、幼少の折りからセリヌンティウスが拙者のことを疑うたびに音高く頬を張りとばしておりましたので、これこのとおりの状態でござる」 »