« 「針の山の南、血の池が湧き出ているというだけで、他には何一つとるところの無い、つまらぬ地獄である。」 | トップページ | 「両親はとうのむかしに亡くなってしまって、本人は長い間ひとりっきりで秋葉原のメイド喫茶で奉公していたんで言葉にすこおしきずがある」 »

2007年1月 5日 (金)

「へえ、じつは、オタクが昨晩なくなりました」

「えっ、オタクが?死んだ?ほんとかい?…ふーん、それで大丈夫だろうな。よくあたまをつぶしといたかい。また生きかえるといけねえぜ」「ディオ・ブランドーじゃございませんから、あたまなんぞは…」「そりゃあ、いいあんばいだが、たしかに死んだのかい?」「へえ、第三世代になってついになくなったんでございます」「ふーん、あんな野郎でもやっぱり世代の交代にゃかなわないんだな。まあ、なんにしてもめでてえはなしだ。で、おまえさんがそれをみつけて、よろこばせようってんで知らせにきたのかい?」 落語『オタク・イズ・デッド』

【関連情報】

落語のあらすじ 千字寄席 『らくだ

オタクイズデッドとは

岡田斗司夫の近況と発言 まとめ電源を入れてください~都市ノォト~

(古賀)

« 「針の山の南、血の池が湧き出ているというだけで、他には何一つとるところの無い、つまらぬ地獄である。」 | トップページ | 「両親はとうのむかしに亡くなってしまって、本人は長い間ひとりっきりで秋葉原のメイド喫茶で奉公していたんで言葉にすこおしきずがある」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/13347391

この記事へのトラックバック一覧です: 「へえ、じつは、オタクが昨晩なくなりました」:

« 「針の山の南、血の池が湧き出ているというだけで、他には何一つとるところの無い、つまらぬ地獄である。」 | トップページ | 「両親はとうのむかしに亡くなってしまって、本人は長い間ひとりっきりで秋葉原のメイド喫茶で奉公していたんで言葉にすこおしきずがある」 »