« 今日の漫画日記(12/9) | トップページ | 『開戦記念日』 俵万智 »

2006年12月 9日 (土)

相対性理論を信じない人が多いために見かけ上超光速が出てしまうという話

情報考学 Passion For The Future 実験経済学入門~完璧な金融市場への挑戦

>株式市場では「サンスポット均衡」と呼ばれる不思議な傾向がある。

>これは太陽の黒点移動と景気の変動がたまたま似たような周期を

>持つため、太陽の黒点が景気を左右するという理論があることに

>関係がある。この理論は根本的に間違っているのだが、信じてい

>るトレーダーが少数だが存在するために「自己実現的予言」として

>機能してしまっている例だ。トレーダーには自分の持つ情報を無視

>して「群れの後追い」をするものも多いため、さらに傾向は強化され

>てしまう。「テクニカル分析」も似たような存在である。

そういえば栗本慎一郎先生は確か信じておられました。太陽黒点による景気の変動。

(古賀)

« 今日の漫画日記(12/9) | トップページ | 『開戦記念日』 俵万智 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/12995979

この記事へのトラックバック一覧です: 相対性理論を信じない人が多いために見かけ上超光速が出てしまうという話:

« 今日の漫画日記(12/9) | トップページ | 『開戦記念日』 俵万智 »