« 「ふむ、ワトスンくん、こいつはひどく奇妙な事件だ。ライヘンバッハの滝に転落して死んだのは確かに僕なんだが、ここでモーラン大佐をつかまえている僕は一体どこの誰だろう?」 | トップページ | 「なに?ネタがない。それなら拙者がひとまわりしてくる間に、アート・バックウォルドの二番でも煎じておけ」 落語『二番煎じ』 »

2006年12月30日 (土)

不敬落語

「天皇は何で天皇言いまんねん」「それは軍人を上から見たら上官はみんな無能で、下から見たら兵卒はみんな死のうや。無(六)能と死(四)のうを束ねるから天(十)皇やないか」「なるほど、無能と死のうで天皇でっか。ええこと聞かしてもうた」 落語『十徳』

【関連情報】

【上方落語メモ第8集その358】 『十徳』

ぼくらの時代捏造計画 : 不敬=萌え論序説、あるいはライトノベルと文学の可能性倒錯通信局

三島由紀夫は東大全共闘の学生に「君達が天皇に萌えてくれさえすれば一緒に闘う」と言ったとか言わないとか。

 

(古賀)

« 「ふむ、ワトスンくん、こいつはひどく奇妙な事件だ。ライヘンバッハの滝に転落して死んだのは確かに僕なんだが、ここでモーラン大佐をつかまえている僕は一体どこの誰だろう?」 | トップページ | 「なに?ネタがない。それなら拙者がひとまわりしてくる間に、アート・バックウォルドの二番でも煎じておけ」 落語『二番煎じ』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/13264435

この記事へのトラックバック一覧です: 不敬落語:

« 「ふむ、ワトスンくん、こいつはひどく奇妙な事件だ。ライヘンバッハの滝に転落して死んだのは確かに僕なんだが、ここでモーラン大佐をつかまえている僕は一体どこの誰だろう?」 | トップページ | 「なに?ネタがない。それなら拙者がひとまわりしてくる間に、アート・バックウォルドの二番でも煎じておけ」 落語『二番煎じ』 »