« 小ネタ | トップページ | 今はもう動かないおじいさんの御慶 »

2006年12月31日 (日)

「それは困ったな。殿があのアンドロイドをいたく気に入って是非とも屋敷にメイド奉公にあげるようにとのおおせだが、自分の名前と相手の言うことを反復することしかできない空馬鹿ではのう」

「いえ、まったくのことを申し上げますと、目から鼻へ抜けるように賢くて、あんな器量良しで性格のいい貧乳だけが玉に瑕のアンドロイドは他にございません」「さっきとまるきり話が違うではないか」「いえ、何か粗相がございましたときは、三原則が足りないということでお許しを願おうと存じましたもので」 落語『妾(メカ)馬』

【関連情報】

落語のあらすじ 千字寄席 『

(古賀)

« 小ネタ | トップページ | 今はもう動かないおじいさんの御慶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/13273878

この記事へのトラックバック一覧です: 「それは困ったな。殿があのアンドロイドをいたく気に入って是非とも屋敷にメイド奉公にあげるようにとのおおせだが、自分の名前と相手の言うことを反復することしかできない空馬鹿ではのう」:

« 小ネタ | トップページ | 今はもう動かないおじいさんの御慶 »