« 「ダッカーの用心棒のおじさんの家は総体檜造り、左右の壁は大阪土の砂ずりで、天井は薩摩の鶉木、畳は備後の五分縁。でも大黒柱に節穴があるから日本じゃア二番目だ」 | トップページ | ぼくたちは仲良しさんだから便所の落書きにもつるんでやって来る。 »

2006年11月25日 (土)

「2月2日与太郎という男にろくろっ首の嫁さんを押しつけたのは貴様だな?」

「ち、違う!俺はその日、蔵前の相模屋のわきで首の抜けるお雛様を売っていた!」 落語『ズバッと牛ほめ』

毎回ダッカーの手先の悪いおじさんを退治する与太郎ものに需要はないのか。

(古賀)

« 「ダッカーの用心棒のおじさんの家は総体檜造り、左右の壁は大阪土の砂ずりで、天井は薩摩の鶉木、畳は備後の五分縁。でも大黒柱に節穴があるから日本じゃア二番目だ」 | トップページ | ぼくたちは仲良しさんだから便所の落書きにもつるんでやって来る。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/12819693

この記事へのトラックバック一覧です: 「2月2日与太郎という男にろくろっ首の嫁さんを押しつけたのは貴様だな?」:

« 「ダッカーの用心棒のおじさんの家は総体檜造り、左右の壁は大阪土の砂ずりで、天井は薩摩の鶉木、畳は備後の五分縁。でも大黒柱に節穴があるから日本じゃア二番目だ」 | トップページ | ぼくたちは仲良しさんだから便所の落書きにもつるんでやって来る。 »