« 「若旦那、うーんとうなりながらとうとう全部召し上がりましたねえ。さすがにたいしたもんだ。しかし、これはなんという食い物なんで?」「拙のかんがえではスパムスパムスパム酢豆腐スパムスパムスパムスパムスパムスパムちりとてちんスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムでげしょう」 | トップページ | 大のはてブの弁慶が長いコメント振りかざしエントリ目がけて斬りかかる。 »

2006年11月22日 (水)

「銅鑼右衛門!」と、低くておもおもしい声が呼んだ。けれども、銅鑼右衛門は息を殺して、隠れ蓑をかぶったまま身動きもせずに坐っていた。「返事がない!――こりゃいかん!……奴がどこにおるか、見てみなくちゃならん」

「食べかけの銅鑼焼きはここにある。が、銅鑼右衛門は――耳が二つあるきりだ!……道理で、返事をしないはずだ。返事をしようにも、口がないのだ。……では、わが君――大鼠の殿に、この耳をもって行こう。――できるかぎり、仰せのとおりにしたという証拠に」その刹那、銅鑼右衛門は、自分の耳が鉄の牙で咬みさかれ、食いちぎられるのを感じた。 ラフカディオ・ハーン『耳なし露坊徒のはなし』

(古賀)

« 「若旦那、うーんとうなりながらとうとう全部召し上がりましたねえ。さすがにたいしたもんだ。しかし、これはなんという食い物なんで?」「拙のかんがえではスパムスパムスパム酢豆腐スパムスパムスパムスパムスパムスパムちりとてちんスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムでげしょう」 | トップページ | 大のはてブの弁慶が長いコメント振りかざしエントリ目がけて斬りかかる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/12783273

この記事へのトラックバック一覧です: 「銅鑼右衛門!」と、低くておもおもしい声が呼んだ。けれども、銅鑼右衛門は息を殺して、隠れ蓑をかぶったまま身動きもせずに坐っていた。「返事がない!――こりゃいかん!……奴がどこにおるか、見てみなくちゃならん」:

« 「若旦那、うーんとうなりながらとうとう全部召し上がりましたねえ。さすがにたいしたもんだ。しかし、これはなんという食い物なんで?」「拙のかんがえではスパムスパムスパム酢豆腐スパムスパムスパムスパムスパムスパムちりとてちんスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムスパムでげしょう」 | トップページ | 大のはてブの弁慶が長いコメント振りかざしエントリ目がけて斬りかかる。 »