« 2009年7月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月

2009年10月20日 (火)

服従の心理

スタンレー・ミルグラム著

アメリカのイエール大学の心理学者スタンレー・ミルグラムは、「ナチス・ドイツでユダヤ人虐殺に荷担した人達は、どんな心理状態だったのか?」という疑問に答えるため一つの実験方法を考え出した。

【実験方法】
被験者が不快感を感じてスイッチを押せばすぐに電気が切れ実験が終了するような状態で、鬼嫁が自分の夫に少しずつ電圧を上げながら電撃でお仕置きをする光景をブラウン管に映し出し被験者に見せる。実験時間は二十数分間。

【実験結果】
最大の電圧に達する前に大半の者がスイッチを押すだろうという予想に反して、全ての被験者が夫が黒コゲになるのを見届けるまでスイッチを押さなかった。被験者の中には笑いを浮かべたり、「さだめじゃ」と夫を見下すような発言をしたり、次回を待ち望む者もいたという。

人間が如何に優れた漫画家や優れたアニメーターの権威に盲従し堕落するかを示した衝撃の実験報告。

【関連情報】

『ミルグラム実験』(Wikipedia

『うる星やつら(アニメ)』(Wikipedia

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年12月 »