« 2009年4月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年7月

2009年7月18日 (土)

バクマン。

大場つぐみ原作小畑健画

漫画の国から来た漫神『高木秋人』が落とした不思議な雑誌『少年ジャンプ』を手にした真城最高はその絶大な力を利用して新世界の神になり理想の結婚をする野望を抱き、18歳までに自分の作品をアニメ化して日本国民全てを洗脳する計画をひそかにおしすすめる。世界的新人漫画家の新妻エイジはその鋭い直感力で最高の恐るべき野望に気がつき、様々な効果音を駆使しながら彼から『少年ジャンプ』の力を奪い取ろうと画策する。

売り上げた部数が多ければ多いほど青少年を支配する巨大な力になる不思議な雑誌『少年ジャンプ』を手にした少年と彼の野望を阻止しようとするライバルとの熾烈な戦いを描くダークファンタジー。

『少年ジャンプ』のルール【基本ルール】

・ 少年ジャンプの最後の頁の作品名の下に名前を書かれた人間は漫画家になる。
・ 描かれる人物の顔が頭に入っていないと人物画はうまく描けない。
・ 名前の後に人間界単位で40秒以内に別の名前を書くと、ペンネームになる。
・ 4回原稿を落とした漫画家は、以後少年ジャンプの力を使えなくなり編集長に魂を持って行かれる。

【関連情報】

DEATH NOTE』(Wikipedia

『バクマン。』(Wikipedia

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年10月 »